メニュー

コラム - 浮気・不倫被害者救済センター

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム

ハートスペースはあなたの戦友

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2018年10月11日(木)

暴走も勿論ですが

加害者を被害者にしたら解決できなくなります。

これ必ずです。

 そのギリギリのラインで攻めていく。

 これが不倫問題解決の極意です。

 

不倫の水面下

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2018年10月09日(火)

サレ妻さんががっつり把握しているのでしたら問題ありません。

しかし、まったく水面下と気づいてない方も多い訳です。

 夫の態度だったり

疑っていた部分が改善されていたり

欲しい返事を貰えたり

せっクスが復活したり

家族を見ていると感じたり

様々ですね。

 

不倫は家族が巻き込まれた大問題

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2018年10月08日(月)

現在、夫が不倫渦中の方。

 ここから意識が右にでも左にでも向かってしまいます。

 不倫問題は家族が巻き込まれた問題でもある

という事を忘れないでください。

 自分一人でしたら我慢すれば良いかもしれない

 でも

 お子様が巻き込まれているとしたら?

 お子様の心が潰されそうになっていたら?

 悠長な事は言ってられないはずです。

【不倫問題の解決】

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2018年10月07日(日)

何もせずに夫が帰ってきた

 不倫問題が無くなったとしたら、ある意味問題解決かもしれません。

 しかし、HSが目指している場所は違います。

 

【二度と不倫問題に巻き込まれないこと】

 

です。

 そして、妻がしっかり対処できれば、不倫を終わらせる事はできます。

夫の態度が急変するのはなぜですか?

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2018年10月06日(土)

一喜一憂しないで!!

と常にお伝えしております。

不倫がどうなったか?

不倫が終わったのか?

一度でも発覚、追及をした場合

夫の言動からでは判断が難しくなります。

反対に、発覚前の場合

夫の変化によって不倫の発覚は多いですね。

『夫を見ているとわかります。

今は家族の事だけを考えていると思います。

ですので、今は不倫をしてないと思います。』

これ、実は全く当てにならないのです。

不倫が水面下の時

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2018年10月05日(金)

HSに置ける水面下のボーダーライン

 

当然、連絡を取っているはNG

連絡をいつでも取れる状態、NG

同じ職場、真っ黒に近いグレー

 

ですよね?

 

やってるか?やってないか?

 

ではないのです。

 

週刊女性掲載 芸能界の不倫について

カテゴリ: メディア 公開日:2018年09月03日(月)
週刊女性掲載 芸能界の不倫について 芸能界で多発する不倫報道に関して週刊女性より取材がありました。
記事内容については表紙画像または詳細を見るでご覧いただけます。

不倫・浮気問題

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2018年08月31日(金)

I(愛)・修復プランナー 夫婦問題カウンセラー 離婚カウンセラー米山恵美が浮気・不倫問題の最前線で培ってきた経験から、浮気・不倫問題にかかわってしまった方々の、様々な立場や視点から綴っています。

 

夫婦関係の修復や夫婦再構築に必要なのは、どちらが悪いか?決めることではありません。
どうしたら、幸せになれるか?どうしたら、仲良くすることができるか?が大事です。

浮気夫につきつける離婚の条件

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2018年08月31日(金)

浮気発覚後の言い争いの中、今まで知らなかった夫の幼児性や人間性を見てしまったあなた。

 

今後のこと、子供への影響を考えると
「こんな夫、いない方がいいんじゃないか?」
と思え…ますね。

 

でも、自分は結婚後、家庭におさまり専業主婦として家事育児に専念し、ましてや子供もまだ手がかかり、フルタイムで働くのは厳しい。
こんな男だってわかってたら結婚なんかしなかった!私のバカ!!
なんて、過去の自分を責めたり後悔しても始まらないですよね。

若い・身軽・キャリア継続中のあなた

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2018年08月31日(金)

「子供いません。共働きです。まだ30代です」
夫の浮気に苦しむ女性の中には、こんな好条件の方もいらっしゃいます。
夫の人間性を見て不信感でいっぱいになり、結婚したことすら後悔し、夫のことが気持ち悪く感じ、一緒に過ごす時間がストレスになって心休まる時間がなくなった。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login