メニュー

被害者

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

被害者

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2020年06月20日(土)

毎月一回行われております。

脱☆サレ妻ミーティング。

現在はZOOMでのミーティングになっております。

 

これってサレ妻ミーティングではないのです。

 

脱☆なのです。

 

このミーティング中に夫の悪口大会になる事はほぼありません。

 

ミーティングに参加する以上、参加者さん皆が何かを吸収しようと

アンテナも感度も研ぎ澄ましております。

 

ですのでそんな事をやっている暇がないと言いましょうか。

 

お茶会とは違いますし、誰かが講師として立ってのセミナーとも違います。

 

シタ夫あるあるとしてマニュアルが出せてしまうくらい言動が似てくる事はあります。

 

でもここで盛り上がってしまったらダメ。

 

どの夫もタイプも違えば環境も違います。

だからあまりにも意味がない事になってしまいます。

 

以前、どこぞのカウンセラー?のセミナーに参加したという方がいました。

 

結局蓋を開けてみれば

 

その者がどれだけ優れているか?他がどれだけダメか。

 

という演説会になって終わったと言っておりました。

 

これではセミナーの意味はないですよね?

 

その業者のプレゼンです。

 

これってシタ夫と似てますね。

 

モラハラとパワハラの合体型(笑)

 

話を戻します。

 

ハートスペースのミーティング中。

 

他人様のご主人の悪口を言う事もありません。

 

不倫をしている夫だったとしても他人から悪口を言われたら・・・

 

これってちょっとむかついちゃいますよね?

 

夫の悪口も出ない上に愛人の悪口大会にもなりません。

 

ハートスペースのクライアントさんは

誰が敵で誰が再構築しなければならないのか?

 

これを十分に理解しております。

 

自分再構築?意識改革?自分改革?

 

そしてI(愛)・修復

 

これを十分に理解しております。

 

ですので休んでいる暇、悪口大会になる暇がないのです。

 

被害者最強伝説になる事も十分に理解しております。

 

これが大きな差なのです。

 

被害者からの脱却にしてもそうです。

 

サレ妻からの脱却もそうです。

 

自分の夫への行いを反省して、夫の傷を知り、夫の弱さを知り、自己反省をする「

 

こんな状態になってしまうから被害者から加害者になってしまうのです。

 

浮気不倫問題だけで言えば妻が被害者なのです。

 

夫婦関係と一緒くたにしたらダメです。

 

その後の夫婦関係を考えないのなら何をやってもどんな意識でも構わないのです。

 

しかしハートスペースの門を叩いたという事は

やはり自分再構築、意識改革、自分改革、I(愛)・修復

なのです。

 

そして夫に対する違和感に敏感になる。

 

これもとても大事な部分です。

 

またネットの社会を中心として集団心理。

 

これにも注意しなければなりません。

 

ぬるま湯に一度浸かってしまうと脱出が本当に大変になります。

 

どうでしょう?今いる場所はぬるま湯ではないでしょうか?

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login