メニュー

違和感を大切にしましょう

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

違和感を大切にしましょう

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2020年07月07日(火)

ハートスペースに相談に来られる方は

本当にその先、解決後を見ている方が多いです。

 

あくまでも愛人排除や不倫解決は過程に過ぎないという事を理解してます。

 

ですのでとりあえず、愛人排除をしたい

 

とりあえず、夫婦が仲良くなりたい

 

という所をゴールにした方とでは温度差がすごいです。

 

ハートスぺースは【とりあえず】の方には不向きなカウンセリングかもしれません。

 

迷ってますという状態だったのならOKですがとりあえずは・・・

 

今現在や今後どうするか?

 

これを迷っている方の方が殆どですから。

では、ハートスぺースでは何を目指しているのか?

 

入口は決まって夫婦再構築ですね。

 

出口はその方によって違いますので一概には言えません。

 

勿論、離婚を選択される方もいるからです。

 

夫婦再構築を目指す為には登場人物を最小限にまで減らさなければなりません。

 

愛人排除の事ですね。

 

これを成し得る為にもそれなりの軸を持ってないと難しいのです。

 

だから【とりあえず】では難しいという事なのです。

それと、叩きたい病やぎゃふん症候群に陥ってしまった方も向かないかもしれません。

 

叩きたい病やぎゃふん症候群の方、実は心の中がブレブレになっている事が多いです。

 

軸が無い状態ですね。

 

だからこそ、夫の言動に一喜一憂してしまう状態になります。

 

ただ当人はその事に気付いていない事が多いです。

ハートスペースで意識改革をして自分再構築、自分改革を経ていけば

自ずと意識も変わっていくというものです。

 

確実に【とりあえず】の気持ちが消えていきます。

 

そして軸を持ち、目標を定めていく事になるでしょう。

 

今後のビジョンが明確になると言ったら判り易いでしょうか?

 

叩きたい病の方やぎゃふん症候群の方は、叩いているつもりだったのに

ぎゃふんと言わせるつもりだったのに結果として、自分自身が叩かれてぎゃふんと言わされていた。

 

という状態もかなり高い確率で起こってくるものです。

 

でも最後の最後までそれに気づけないのです。

 

兎に角、夫の一言一言に左右されていきます。

 

叩く!叩く!ぎゃふんと!と言いながら空回りしているのです。

 

いつまでも水面下の状態が続き、登場人物を減らす事ができない。

 

これでは不倫の解決が難しいのは当たり前の事なのです。

 

妻の中で切り分けができていない証拠なのです。

 

夫婦問題と不倫問題は別物です。

 

夫に対する対処と愛人に対する対処は全く違うのです。

 

ここをしっかり確立する事。

 

ここをしっかり確立できる事が無い限り、愛人排除も不倫の解決も望めないのです。

 

そんな状態を続ける事、数か月、数年もう老婆、鬼婆になりますよ。

この状態は本当にひどいですよ。

 

そこは目指したい所ではないですよね?

ハートスペースに来られる方にはそんなゾーンには入り込んで欲しくありません。

 

正しい順番でしっかりポイントを押さえて、NG行為をせずに

間違える事なく進んで行って欲しいと思います。

結局何が言いたいかと言いますと、物事には違和感が発生する時があります。

 

その違和感に敏感になってください。

 

という事です。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login