メニュー

法解決は法解決でしかないのです。

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

法解決は法解決でしかないのです。

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2020年07月08日(水)

内容証明郵便に夢を見ている人が多いですね。

 

法律相談に行ったら、まず最初に勧められると思います。

 

これをアドバイスするカウンセラーもいますね。

 

内容証明を送って、様子を見る、相手の出方を伺う。

 

そんなに相手にチャンスを与える必要もないと思うのですが。

 

送った相手方が真面目な人ならお返事もあるかもしれませんね。

 

でも不倫をしている相手ですよ?

 

その場だけの謝罪の返事だったり

 

慰謝料を請求したのなら減額要求は当たり前なのです。

 

無視をされないだけマシかもしれません。

 

しかし、返事も来ない、無視された、認めないという事も多いのです。

そうなった時にあなたのなかでどこまでやる気があるのか?その覚悟があるのか?

 

もちろんその先は裁判や調停となるでしょう。

 

どうでしょう、裁判までやる気はありますか?

 

やる気というか実際に裁判を起こす気がありますか?

 

裁判費用も掛かります、弁護士費用も掛かります、時間も掛かります、出廷もしなければなりません。

 

想定をしてみてください。

 

いかがでしょうか?

 

それでも「やります!」という意見ならば内容証明もありでしょう。

 

法律家はこれが通常だから勧めてきます。

 

これは法律家に置いての通常と言う意味です。

 

内容証明を送るという事は云わば宣戦布告なのです。

脅しではなく、宣戦布告なのです。

 

これは断言して言わせて頂きますが

不倫問題や夫婦問題は法律では解決はできません。

愛人への攻撃をして、愛人が不倫を認めた、愛人から謝罪があった、慰謝料請求をした、慰謝料が支払われた。

そして、不倫は終わった事になった。

 

でも実は水面下で続いている事の方が殆どなのです。

 

夫と愛人が作ったストーリーに乗っているだけなのです。

 

慰謝料を支払って終わった事にしているというストーリーです。

 

ではその慰謝料はどこから出たお金でしょうか?

 

ここまで考えた事がありますか?

 

これは不倫軸というか、夫軸というか、愛人軸なのです。

法律家のサイトなどを見ていると、慰謝料が支払われた事により解決です。となっている。

 

これは当たり前なのです。

 

慰謝料請求を受任してそれが成功したという話だから。

 

不倫が解決した!不倫が終わった!という事ではないのです。

法律家の勝敗を決定付けるのは慰謝料の回収、もしくは約束です。

 

だから法律業務としては勝ちを得たという結果なのです。

これがお仕事ですからね。

 

これが成し得れば解決になる訳です。

 

だから、その先の事なんて知ったこっちゃない。というのが本心。

 

この事を十分に理解してください。

 

法律家の仕事は慰謝料請求であり、不倫をやめさせる事ではないのでsづ。

 

高額な慰謝料を取ったとしても不倫が解決してなければ意味がありません。

 

どんな謝罪文を貰ったとしても不倫が解決してなければ意味が無いのです。

 

法律家と表現しましたが、多くは弁護士の事を指します。

 

司法書士は140万円までという縛りがあります。

 

行政書士は代書屋なので全く違います。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login