メニュー

傷の舐め合いの場では不倫の解決が遅れる

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

傷の舐め合いの場では不倫の解決が遅れる

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2020年07月12日(日)

ハートスペースでは月に一回、脱☆サレ妻ミーティングを開催しております。

 

このミーティングの特徴はテーマが決まってない事にあります。

 

ただルールだけは徹底しております。

 

なれ合いの場所にしない事

 

行動しない事に許可を与える場にしない事

 

やはり参加者さんは夫に不倫をされたという共通点を持っております。

 

ですので、傷の舐め合いや称賛しあったり励まし合ったり

これも在りなのかなぁと思う事も稀ですがあります。

 

ただそこは心を鬼にしてそうはならないように踏ん張っております。

経験を積んできた先輩方から見たら「そこはダメ」という点が容易に判ります。

 

不倫問題を解決しているからこそわかる世界ってあるんですよ。

 

この経験は本当に重要です。

 

あくまでも体験談としてのアドバイスができます。

 

不倫を解決した方はそのアドバイス

 

夫婦再構築へ向かった方はそのアドバイス

 

勝ち組離婚に進んだ方はそのアドバイス

 

もちろん、経験の範疇になりますがお伝えできる訳です。

だいたい最後は「米山先生の言う事をしっかり聞いて」で終わります。

 

不倫問題の解決を考えた場合

 

その経験がない方がアドバイスをできる訳がないのです。

 

不倫の解決もしてないのに、不倫解決カウンセラーなんてのもおります。

 

だから不倫の経験というものは必須だと思っております。

不倫をサレた側だとしたらしっかり解決して自分の足で立っている。

 

シタ側は自分が起こした問題の重大性を理解している事。

 

これはこの不倫問題のアドバイスをする上では必須です。

渦中にいなければわからない事ってたくさんあるものです。

 

私だから言えますが、シタ側も心の動き。

 

これは想像ではわかりませんよ。

 

だから一方通行な自己解釈の男性心理なんて生まれませんから。

シタ夫だった私から言わせれば何のことやら?です。

 

また再構築中にシタ夫の意見、これも同じ事が言えます。

 

不倫問題のアドバイスをするからにはその経験が必須なのです。

 

そしてその後、自分の足で立っている事。

 

これが必須と言っても良いです。

机上の空論、机上の戯言では解決なんてしません。

 

それこそマニュアルを作れるカウンセラーだから空論なのです。

 

不倫をサレた傷はサレた人にしかわかりません。

 

でもそのまま被害者で居続けるか?

 

方向転換をしたか?

 

ここが大事なのです。

 

この経験がない限り、カウンセラーは務まりません。

 

だから探偵やカウンセラーでその経験がないもの。

 

あったとしても有耶無耶にしてしまったもの。

 

アドバイスができる訳がないのです。

 

できるとしたら方法論までなのです。

 

夫婦再構築の指導やコンサルなんて絶対に不可能です。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login