メニュー

なんでも病気や障害にするカウンセラーにご注意を!

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

なんでも病気や障害にするカウンセラーにご注意を!

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2020年08月11日(火)

不倫の解決を考えていたが心理系のカウンセリングへ行ってしまった方

残念ながらほぼ不倫を解決していない方ばかりです。

 

ただ夫婦仲は良くなっている事も多いのです。

 

それは相談者さんである方が仲良しを目指してしまうから、そしてそのような指導をされるからなのです。

 

また別の道を模索して離婚を選択したとしても慰謝料無し、財産分与も無しの、なし崩しの離婚になってしまったり

これはカウンセラーの中にも多い現象です。

 

でも幸せアピールだけは怠る事がありません。

 

そして心理系のカウンセリングで学んだテクニックを使い、夫をクライアントにしてしまったり・・・

 

その上をいきますとお子様までをもクライアントにしてしまったりします。

 

ギフト系でも多いですよ。

 

これって実は大問題なのです。

 

不倫という大きな問題があるにも関わらず、その不倫問題に蓋をして現実を見ない選択をしてしまう。

 

また不倫を問題と捉えなくなってしまう状態にも成り得るのです。

 

その代表的なものとして相談者を病気にするという傾向もあります。

 

アダルトチルドレンであると診断したり、これは病気ではありませんからね。

 

そのような性質を持っているというだけなのです。

 

これは誰でも持っている部分であり、それが大きいか小さいかだけなのです。

 

また共依存と言われた方は本当に多いです。

 

はっきり言いまして、依存関係に無い夫婦なんて存在しませんよ。

 

人間関係だって依存で成り立っていると言っても良いくらいなのです。

 

カウンセラーとクライアントの関係性だって依存関係の部分も大きくあります。

 

ブログの交流を非難する訳ではありませんが、この関係性でも生じます。

 

何に対しても依存してない人間関係なんてないのです。

 

夫婦に置いて、共依存だって良いと思います。

 

それを問題と捉えるから問題になってしまうだけなのです。

 

殆どが個性の範疇なのです。

 

アダルトチルドレンの傾向がある方、アスペルガーの傾向がある方、依存傾向が高い方

 

何も無いという人を探す方が難しいのです。

心理系のカウンセラーなら知っていて当たり前の話です。

 

しかし、不倫問題に蓋をして、新たな問題を作り、その治療?を行う。

 

という傾向が最近のカウンセラー業界では目立っております。

 

根っこの問題、根本からという言葉を巧みに使いますが全部一緒。

 

正直、カウンセラーが病気を作ったらダメです。

 

不倫問題は不倫問題なのです。

 

そこから目を背けたら解決なんてするわけがないのです。

 

あなたが苦しめられている事は何ですか?

 

あなたの心の問題ですか?

 

違いますよね?

 

夫の不倫ですよね?

勿論、自分と向き合う時間は必要だとは思います。

 

でも順番を間違えないようにしてください。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login