メニュー

夫の根底にあるのはどちらともうまくやっていきたいという事

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫の根底にあるのはどちらともうまくやっていきたいという事

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2020年09月20日(日)

愛人の夫に対する影響力。

 

それは妻が想像している10倍から100倍はあると思ってください。

 

不倫というもの、ある程度の期間を共有した事により仲が深まっていきます。

 

ふれあいや歴史によって親密度が増していくのです。

 

秘密や内緒、秘め事という状況も不倫カップルを燃え上がらせる要因にもなります。

 

とにかく二人だけの世界に入り込んでいくのです。

 

またW不倫以外の場合、夫は妻の存在、家族、これがあるので愛人に対して負い目を感じている事も多々あります。

だから愛人に嫌われないため、愛人に好いていてもらうため、不倫関係を続けるために立場が弱くなっている事もあります。

 

だから夫としては、夫婦はうまくいってない、妻は悪い妻だ、自分は虐げられている。

 

というアピールを繰り返しているものなのです。

そしてそれを疑う事なく愛人も一緒になって悪者を作ろうとする。

 

不倫を解決していくという事は、対夫、対愛人の戦いになると思ってください。

 

不倫が長く続けば、自ずとその怒りも愛人に向いてしまいます。

 

ただこれは勘違いな事も多いものです。

 

そして夫からの攻撃も始まります。

 

別居や離婚の話、別居後の兵糧攻め、離婚の条件を提示してくる

これをやってくる大きな原因として愛人へのアピールも考えられます。

 

愛人に嫌われないため、愛人に好いていてもらうため、不倫関係を続けるため

 

愛人という存在がある限りは夫婦再構築へは進めません。

 

だから愛人排除が急務なのです。

 

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login