メニュー

落ち着いて離婚と言われたら危機感を持って

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

落ち着いて離婚と言われたら危機感を持って

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2020年09月28日(月)

夫から離婚したい!と言われた方も多いかと思います。

 

突然言い出す事もあります、話し合いの末に言ってくる事もあります、喧嘩の延長で言われたというケースもあります。

 

ハートスペースでは離婚を突き付けられたとしても最終的に妻が納得して、妻が離婚をしたいと思ってからこそ離婚をします。

はっきり言ってしまうと、夫からの要求通りには進めさせないという事です。

 

それだけ離婚をする事って難しいのです。

 

夫も離婚したい、妻も離婚したいという状態ならば簡単に話は進みますよね?

 

あとは諸条件のすり合わせだけなのです。

仮面夫婦を選択するというケースもあります。

ただ夫から良い条件を取って離婚をする為には、夫が離婚をしなければならない時、夫が離婚をしたい時に離婚をする。

 

これが最高の条件を取れるケースとも言えます。


打ち合わせをしっかり行いXデーに向けてしっかり準備をしていき協議で離婚する事。

 

これも最高の条件を手にする方法であります。

 

離婚に進むから意識改革は必要ないという事はありませんよ。

 

勝ち組離婚を手にするための意識改革も必要になります。

こ夫から離婚をしたいと言い出した時、夫は罪悪感も持ち合わせております。

 

落ち着いている程、自分の非を認める事も実は多いです。

 

この時の夫は離婚に対してNOと言われる想定はしておりません。

だからNOを言われた途端に被害者になっていってしまいます。

 

巻きもまれてしまった妻は離婚の事よりも夫の訴えに耳を傾けてしまうという状態にもなります。

 

だからこそそんな危機的な状況なのにも関わらず、愛され妻や良妻賢母、良い妻などに手を出してしまいます。


はっきり言いまして、夫が落ち着いて離婚の申し出をしてきた時は逆効果にしかなりません。

男って実は、現状維持を好み、環境を変えるという事を好みません。

 

それを成し得てしまうのが第三者、愛人の存在なのです。

 

愛人との間でその後の生活の保障が生まれたときに本気の離婚要求となるのです。

この状態からのひっくり返す事は本当に難しいです。

逆切れや喧嘩の上で出た離婚の話とは違います。

あなたが離婚はしない!家族を守りたいと思うのならあなたの手で家族を守ってください。

 

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login