メニュー

妻の離婚の気持ちが固まったとき

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

妻の離婚の気持ちが固まったとき

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2020年10月20日(火)

妻が離婚の決意をしたら再構築へ進んだ。

 

妻が腹を括ると自ずと結果がついてくるという事です。

 

この覚悟というものは必ず伝わります。

 

ただ、皆さまに離婚の覚悟をしてくださいとお伝えしている訳ではありません。

 

これは結果論のお話です。

 

夫がいつまでも逆切れをしたり誤魔化しをしたり「愛人とは別れる気がない」と開き直ってみたり。

 

その上で「家族を捨てる気はない」「妻としてでーんと構えていればいい」と言われたり。

 

こんな事を云われてしまったらはっきり言って妻もパニックになります。

 

これは家庭内の洗脳とハートスペースが言っている事で不倫をした側に決定権があるように思わせる話法でもあります。

 

これによって妻の正常な判断さえも揺らいでしまうものです。

 

不倫の解決には初動が大事と常々お伝えしておりますが判断の間違いは誰でも起こしているものです。

結局は妻の腹が決まったかどうか?なのです。

 

しかし、煽られて気持ちが固まったと錯覚していたり、みんなもコレをやっているという状態に引きずられるのはNG。

 

意識改革は本当に大事で、不倫が起こった後どう進んでいくか?

離婚と再構築という二つの道があると錯覚してしまっておりますが、実は一本道なのです。

 

要は決断するのは私である!という事なのです。

 

目的もはっきりしていくので夫から離婚宣言があったとしても怖くない。

なぜバツイチに不倫をする女性が多いのか?

 

それは離婚を経験しているからという事も十分にあるものです。

 

経験値の差ですね。

 

ただ再構築のスキルはゼロに近いので妻の行動が読める部分は読めるのですが、ハートスペースのようなアドバイザーが付いてしまうとお手上げ状態にもなります。

 

夫婦再構築は一生行うものです。

 

夫から本気の離婚要求があったとします。

 

愛人が引っ張っているらという理由ではありません。

 

そこにはマイナスな理由が潜んでいる事が殆どです。

 

離婚をしなければならないほどの強烈な理由が潜んでおります。

 

愛人の妊娠、出産、愛人の自殺騒ぎ、愛人から別れを宣告された

 

だから現実をしっかりと知る必要がある訳です。

 

逃げの運動を行っている場合ではありません。

 

集団に守られている気持ちになる事でもありません。

 

不倫の解決は個人戦なのです。

 

まずは自分の決意、意識を固める事です。

 

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login