メニュー

W不倫は解決の方法が違う

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

W不倫は解決の方法が違う

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2020年12月10日(木)

W不倫も多いですよね?

 

W不倫は発見が遅れると言うケースも多いです。

 

W不倫はW不倫特有のルールが存在する事が多いです。

 

条件としては、相手の夫婦が離婚危機に陥ってない事が条件となります。

 

 それと、良い機会なのでお話ししますが夫の不倫と妻の不倫では同じ不倫でも対処方法は全く違います。

 

 

W不倫の場合、お互いの家庭は守る、連絡を取る時間は限定、証拠は残さないという事を徹底している事が多いです。

 

愛人がその指導を行っているケースもこれは本当に多いです。

 

ハートスペースの過去事例の中でも、妻バレしたかもという相談を愛人(既婚者)にした、愛人からの指南で妻も持っていた証拠を発見され処分された。

 

と言うケースがありました。

 

不倫はバレるまで続けられる事が多いです。

 

W不倫の解決方法はシングルの場合と異なります。

 

W不倫に置いての最悪の事態は何を想定しますか?

 

W不倫中に愛人が妊娠したケースは実は多いです。

 

何喰わない顔して出産したケースも沢山あります。

 

当然、妊娠騒ぎは最悪の事態の一つではありますが、W不倫の場合そうとは限りません。

 

W不倫に置いての最悪の事態は、愛人夫婦が離婚をしてしまう事です。

 

もし夫と愛人が離婚して一緒になろうという話をしていたとしましょう。

 

その上で先に愛人が離婚してしまった。

 

これは本当に最悪に事態です。

 

愛人は確実にあなたの夫が心の中にあるから離婚するのです。

 

一方、夫は離婚させてしまったと思うでしょう。

 

お互いの家族は壊さずに関係を継続させる事がW不倫の醍醐味だとしたら、その一線を越えてしまった場合、もう危険です。

 

本当に離婚してしまった愛人は何年でも待つ覚悟です。

 

1年2年は待つでしょう。

 

最初のうちは全く疑う事なく待つのです。

 

 

でも確実に執着は増していきます。

 

この期間に夫が何等かの援助をしていたら愛人は疑う事をしません。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login