メニュー

慰謝料が愛人から支払われた

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

慰謝料が愛人から支払われた

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2020年12月17日(木)

愛人から慰謝料が支払われた。

 

ここをゴールにしてしまうのはやばいです。

 

愛人排除のための慰謝料請求、愛人を痛い目に遭わす、舐められて溜まるか!誰かに乗せられて、当たり前のようにときっかけは様々です。

 

どんな理由にせよ慰謝料請求は慰謝料請求なのです。

 

しかし、慰謝料請求をするという事はその請求をする側(妻)に相当な負担がある事は事実です。

 

証拠集めから始まり、法律家の選定、そして行動に移す。

 

お金も労力も掛かってきます。

 

また、心の中の罪悪感が消える事はない。

 

だから、内容証明を送って様子を見ると言う方がまだまだ多いですね。

 

愛人からの返事も様々、謝罪をして請求通りに支払ってくるという愛人もいれば、一切否定してきたり、減額要求がきたり。

 

どのような結果になるのかはその時が来て見ないと分からないというものです。

 

ハートスペースの経験から言えば、慰謝料が支払われないと言うケースは本当に少ないです。

 

あくまでもハートスぺースでの事例としてです。

 

これが米山メソッドでもあるのです。

 

と言っても慰謝料請求は一つの方法に過ぎません。

 

と言う事は慰謝料が支払われたとしても不倫が終わったと位置づけられないという事です。

 

法律家を使ってしまった方は残念ながら順番を完全に無視しております。

 

またそのような指導をするプロも若干数ですが存在します。

 

お金の価値ってその方によって違います。

 

もちろん、妻と愛人でもその差は大きいでしょう。

 

ただ多くの方の中でお金に対する感覚はあまりプラス感覚ではありません。

  

だから慰謝料請求というものは被害者と加害者がひっくり返るのです。

 

また慰謝料が支払われたとしてもその出所が愛人ではない事は沢山あります。

 

夫が支払っているケースもあれば、親が都合を付けているケースもあります。

 

だから当人は何ら負担に感じてない事も多々あるのです。

 

だから、ハートスペースでは当人に支払わせ、そして被害者と加害者がひっくり返らないようにする事に神経を使います。

 

なんどもお伝えしますが、慰謝料が支払われたとしても不倫が終わったという理由にはなりません。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login