メニュー

夫に開き直りをさせない為に

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫に開き直りをさせない為に

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年02月07日(日)

現場をグチャグチャにしてしまうアドバイスをするカウンセラーが存在します。

 

これは大問題ですね。

 

その後の事なんて一切考えていないアドバイス。

 

ぎゃふん系や叩きたい病に多いですね。

 

不倫の解決を迎える時ってギリギリのラインでのせめぎ合いなのです。

 

実はこの状況を作り出す事が一番効果が高かったりします。

 

夫がどんな瞬間、どんな時に恐怖を感じるか?

 

を考えてみてください。

 

その後何が起こるか分からないほど追い込まれた時に恐怖心が生まれてきます。

 

ここが重要なのです。

 

逆に言えば起こってしまった後には大して恐怖感情は抱かないという事なのです。

 

最近多いのですが、なんでここまでやっちゃったの?という状況。

 

グチャグチャ系のアドバイスでサレ妻さんが行動をしてしまっております。

 

本当に注意してください。

 

では夫の開き直りはどんな状態の時に起こりやすいのか?

 

妻の事がどうでも良くなった時、離婚の意志が完全に固まっている時、何を言っても許されると思っている時、これらが代表例です。

 

ここからが重要なのですが、絶対にバレたらいけないと思っていた所にバレて隠す必要が亡くなった時。

 

この状態での開き直りは本当にNGなのです。

 

多くの不倫の場合、バレらたばずいと思っている先は妻ですよね?

 

そして家族、勤務先なども含まれます。

 

逆切れならどんどんしてくれてOKなのです。

 

でも開き直りはNGなのです。

 

そして、もう一つついでに夫の不倫と妻の不倫では意味が全く違います。

 

何が違うのか?と言いますとサレた側の妻と夫では捉え方が全く違うのです。

 

シタ側に開き直らせてしまう原因を作るのは被害者側なのです。

 

だから本当に安易なアドバイスには気を付けて欲しいのです。

 

また、不倫をシタ側からの反省をすぐに求めるというのも間違っております。

 

これは殆ど期待は持てません。

 

夫の反省や猛省に取りつかれている間は不倫の解決は不可能です。

 

また、夫の猛省を促すと言っているカウンセラーは最も信頼できません。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login