メニュー

残念ながら、その証拠使えません

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

残念ながら、その証拠使えません

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年02月20日(土)

ハートスペースからご紹介する探偵さん。

 

いやいや、しかしながら証拠のクオリティーの高さ!

 

8K画像ですか?というような程です。

 

不思議な事を言っている探偵もいたなぁ。

 

もちろんハートスペースが一切紹介するような探偵ではありません。

 

その探偵は他の探偵の悪口を書いているのですが

 

というどうやってもよほどの調査能力?とも言えるその事例。

 

嘘付きはこういう所でバレるんです。

 

話を戻します。

 

ハートスペースから紹介する探偵の証拠は、ばっちり撮れすぎていて、相談者さんに見せるのが心が痛むと言いますか。

 

ぐらい鮮明なのです。

 

 

本当に探偵選びは慎重に行ってくださいね。

 

ここ最近も多くの調査報告書を見させて頂いておりますが、そのクオリティーの低さにびっくりしております。

 

これ証拠にならないじゃん。。。なんてのも多い。

 

そこに映っているのが誰か?は妻には分かるのです。

 

でも第3者目線で見ると、誰か分からない。

 

証拠写真の中でも相談者様が持ち込む写真で相談者様が自信を持って持ち込まれる写真。

 

ハメ撮りの写真。

 

結合部分だけ映っていても証拠にはなりませんからね。

 

抱き合わせで他の証拠があったりすれば別ですが、結合写真だけでは。。。

 

ハートスペースでの証拠の確認の敷居は相当高いです。

 

 

裁判を前提とした、裁判に勝てる、こんな所は判断基準ではありません。

 

当たり前の事ですが、証拠を突きつける事はNGですよ。

 

相談者さまは探偵へ依頼しようと思った時。

 

サレ妻さんの思いとは逆にいきますが、夫には証拠となる行動をしてもらわなければなりません。

 

これ以上会わせたくない、〇日はデートの約束をしてました。阻止したいです。

 

という気持ちも十分に分かるんです。

 

痛いほどわかるんですが、証拠を撮ろうと決意をしたのなら、徹底的に女優になってください。

  

一番好ましいのは、良い妻運動、愛され妻運動です。

 

演じてください、ただこれらの運動をしても不倫が解決する事はありませんが、夫の警戒心は相当、薄まります。

 

証拠を撮るには妻の下準備も必要でなのです。

 

調査の発覚は実は妻からバレるというケースが一番多いです。

 

妻がいつもと違う事を聞いた、いつもと違う行動を取ったという事で勘が働く事もあるのです。

 

メールを見られて、調査をする事がバレていたというケースもあります。

 

本当に注意してください。

 

それと探偵の動きを探偵したらダメですよ。

 

自宅付近で潜んでいる探偵を探そうと窓の外ばかり見る妻。

 

とにかく、お金と時間の節約のためにも、徹底的に女優になってください。

 

また、調査日、調査をして欲しい日に動かない探偵は削除です。

 

外ばかり気になり、夫も気にしだす。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login