メニュー

夫婦再構築には隠し事があったらダメ

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫婦再構築には隠し事があったらダメ

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年02月26日(金)

不倫をしてしまい、その後再構築を目指すというのなら隠し事は一切あってはならない。

 

 

これは筋道の話です。

 

妻に対する裏切りという大きな視点を持って下さい。

 

不倫をしなければ良いという事ではありません。

 

そこが理解できていないから、裏切りを何度も繰り返してしまうのです。

 

裏切りと感じるのはシタ側ではなく、サレた側の事なのです。

 

これはウソも隠し事も同じ事なのです。

 

ウソを付く側はそんなに傷つくとは思わなかったと戯言を言います。

 

嘘に大小はないのです。

 

不倫バレした時に、ただの遊びだ、風俗と同じだ、一番はお前だというような戯言を言うのと同じ事です。

 

不倫をした時点で、一切の言い訳も理由も通用しないのです。

 

言わなかったこと、伝える必要がないと勝手に判断した事、隠し事をしている事。

 

これらを妻が知った時にどのようになってしまうのか?

 

どのように感じ、どのように思うのか?

 

そこまでの想像力がシタ側が再構築をする上での必須条件にもなるのです。

 

不倫をシタからシタ夫でも、不倫をやめたとしても、ウソ誤魔化し、隠し事があればいつまでもシタ夫なのです。

 

何度もお話ししますが、夫婦問題と不倫問題を混ぜてはダメなのです。

 

不倫問題を家族に持ち込んで、辛かった、苦しかった、限界だったと言ったとしても、不倫をシタ後だったとしたのならそんな事は関係ないのです。

 

その上そんな事を不倫をサレた妻に言ってしまう。

 

不倫をシタ理由を妻に納得させる?それこそ傷口に塩を塗っているようなもの。

 

不倫をしておいて、あの時は辛かったと言えるという事は、また辛かったら不倫をするよ?と言っているようなものなのです。

 

脅迫とモラハラのオンパレードです。

 

そもそもその勘違いをシタ側は正す必要があります。

 

不倫をシタ時点ですべて終わりなのです。

 

不倫をしてしまったからなのです。

 

その後にやり直すかどうか?この決定権は妻にしかないのです。

  

シタ側の夫には決定権はない。

 

辛い事があった?セックスレスだった?そんなのは関係ないのですよ。

  

そもそもなんでそんな事を妻に背負わせるんですか?不倫をしておいて。

  

シタ側とサレた側は立場が違うのです。

 

だから、それでもあなたとやり直したいに繋がるのです。

 

私も一シタ夫として自戒の念を込めて。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login