メニュー

夫に慰謝料や誓約書を書かせる事

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫に慰謝料や誓約書を書かせる事

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年03月04日(木)

夫へ慰謝料請求をする事が最近は流行っているのでしょうか?

 

これが意味がわからないんですが、やる意味はあるのでしょうか?

 

もちろん、離婚ではありません。

 

離婚をしないと言う選択をしながら夫に慰謝料請求をする。

 

特有財産を作るという目的で行うのなら合点がいくのですが。

 

このようなケースは昔から沢山あります。

 

夫が謝罪の意味を込めて、貴金属やらブランド品を妻に買う。

 

というケースです。

 

また、いつ離婚になっても良いように先に慰謝料を貰っておくと言うケース。

 

これも納得はできるのです。

 

ただし、当然ですが離婚時に慰謝料は発生しなくなります。

 

しかし、両者に共通しているのは、夫が差し出してきたという状態。

  

離婚を恐れた夫が差し出してきた。

 

また、その場を取り繕う為に差し出してきた。

 

そうではなく、夫に痛い想いを!嫌がらせの感じが否めないのです。

 

不倫渦中、水面下だからこそ夫もそんな行動に出るのだろうと思います。

 

妻からの離婚はしてやらない!、離婚はするものか!という気持ちが強いのかな?

 

愛人への慰謝料請求と夫への慰謝料請求は意味が全く違います。

 

やるなら慎重に行ってください。

 

結果から言いますと法律を持って、夫婦の修復、再構築は不可能なのです。

  

法律で関係を断ち切る事はできますが、結び付ける事はできません。

 

慰謝料請求も立派な法律行為です。

 

また、夫が差し出す事と、夫からむしり取る事も違います。

 

仮に、法律の助けを借りるのなら、目的を明確にして下さい。

 

愛人に対してではありません。

 

夫に対しての事になります。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login