メニュー

夫へ気持ちを伝える意味

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫へ気持ちを伝える意味

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年03月07日(日)

気持ちと言うか、妻の考え方と言った方が近いかもしれません。

 

不倫渦中の夫に対して「愛してます」と伝えたとしても届く事は少ないです。

 

また「子供達もパパが大好きなんだから」というお子様を道具に使う事も頂けない話です。

 

また「会社の人が知ったらどう思うかな?」「お父さんとお母さんが知ったら悲しむだろうね」これらの脅し文句。

 

これも効果がどの程度あるのか?と考えた場合、夫は被害者になるばかりで悪化します。

 

妻が不倫に気付いた、でも妻バレした事を夫は知らない。

 

疑われているかもしれない。くらいの程度だったとしたのなら、気持ちを伝える行動は慎重に行うべきです。

 

と言いますか、気持ちは伝えずに不倫の解決へ向けての準備をしていくべきです。

 

机上の空論は本当に恐ろしいです。

 

しきりに「気持ちを伝えましょう」という軽はずみなアドバイスが生まれてしまいます。

 

一方、妻バレした事を夫も知っていると言う状態の場合。

 

夫が何も言わずに、不倫を隠そうとしているのなら、気持ちなんて伝える必要なありません。

 

冒頭に書いた事のとおり、無意味というか悪化します。

 

不倫をしている夫に気持ちを伝えるケースは1パターンだけなのです。

 

夫から、離婚や別居の話が出た時のみなのです。

 

この時こそ「離婚はしません」と伝える事です。

 

ただこれも何度も伝える事ではありません。

 

また、好きやら愛しているやら、お子様を使ったセリフもNG行動になりますのでご注意下さい。

 

夫が

 

「今後の生活の事は心配しなくていいから」

 

と離婚を言ってきた場合は、数多くのNG行動を妻が行っていると思ってください。

 

全ては不倫の完全解決へ向けての布石になります。

 

徹底してください。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login