メニュー

妄想ではなく、今何が起こっているのか?が大事

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

妄想ではなく、今何が起こっているのか?が大事

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年03月09日(火)

不倫の発覚、時にはドラマのような展開になる事もあります。

 

通常の発覚としては、夫の怪しい行動に違和感を感じ探ってみた。

 

疑ってなかったが、ロックが解除されているスマホが目の前にあり、見て見たら親密なLINE。

 

全く予想もしてなかったのに夫からの自白。

 

友人、知人からの情報提供。

 

夫のデート現場に鉢合わせた。

 

などなど、沢山あります。

 

また、こんなケースもありました。

 

夫は都内へ不倫旅行を画策した。

観光地を巡り、たまたま街頭インタビューをしていて、それがTVで流れた、そのTVを妻が見ていて、後ろに手を組んで歩く夫の姿が。

 

夫は出張がある仕事をしている、でもこの出張は不倫旅行。

ラブホテルではなく、名の知れた高級ホテルに宿泊。

夫は何の気無しにアンケートに答えてホテルを後にした。

数週間後、自宅にホテルから手紙が一通。

そこには「当ホテルをごりよういただきありがとうございました。奥様との記念日良い思い出になりましたか?」

「お気に入りのワインはいつもご用意してお待ちしております。」

というホテルからのお礼状が届いた。

 

両方とも実際にあった話ですが、妻は疑ってもいませんでした。

 

そしてその後、多くの方が通る道ではありますが、問い詰める方もいれば、情報収集に走る方もいます。

 

現実だけを追いかける事ができれば良いのですが、やはり感情に揺さぶられてしまいます。

 

いきなり問い詰めた場合でも、正解が分からない上での問い詰めなので答が分からないのです。

 

 

当然、不倫の解決には夫と妻の話し合いは必須です。

 

不倫に関してだけは、気持ちだけを話す、気持ちを伝える事だけしても解決には向かいません。

 

それは、愛人の気持ちもあり、愛人への気持ちもあり、ここは綱引きの場所ではないのです。

  

だから、不倫が残っている間は、気持ちを話たとしても伝わる事はありません。

 

不倫の解決へ向けた話し合い、不倫の解決へ向けた行動。

 

これは100%真実に基づいて行わなければなりません。

 

気持ちは伝わらないとお話ししている訳です。

 

妄想や想像は一切抜きにして、今、一体なにが起こっているのか?

  

全てを把握する事が難しいとしても、その為には情報量は多い方が良いです。

 

不倫の事実、愛人は誰か?愛人のタイプ、愛人のバックボーン。

 

不倫の解決を考えるのなら情報戦と言っても過言ではありません。

 

何が起こっているのか?まずはここを明らかにする事です。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login