メニュー

あの不倫解決方法、間違った?

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

あの不倫解決方法、間違った?

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年03月11日(木)

なかなか終わらない不倫を目の当りにして、今までの様々な行動を思い返す方も多いかと思います。

 

信じたい病、期待を持った、疑わなかった、逆切れにあった、謝罪をされた、開き直られたと様々です。

 

また、夫が鬱のようになったという方もいます。

 

別れる為に時間が欲しいと夫から言われて従ってしまった方

 

話し合いの最中に夫が卒倒してしまい、それ以上話し合いができなかった。

 

これは結果論ですが、開き直り以外の行動は水面下への布石とも言えます。

 

水面下をすぐに発見できる方もいれば、様子をみるばかりで発見が遅れた方、未だに気付けてない方。

 

不倫者側の都合でこのようになっているケースが多いです。

 

妻バレした不倫夫のその後の行動、妻バレした事を愛人に伝える夫も多いです。

 

既にこの時点で夫は不倫を終わらせる気なんてありません。

 

それでも良ければ関係を続けたいという気持ちが表れております。

 

そして愛人に謝罪をしながら自分の気持ちを話す。

 

愛人側のお話しにもなりますが、これで終わりにするという愛人も0に近いです。

 

お花畑でも不倫脳でもそれだけ気持ちが入り込んでいる表れです。

 

妻バレする以前まで、もちろんそれ以降もですが、好きだ、愛してる、一緒になりたいというやり取りを繰り返している訳です。

 

それが、妻バレした途端に関係を終了するとなれば、今までのセリフをも否定することになります。

 

もっと言えば、キミとの関係はセックスであり、本気ではなかったという感じで思われてしまったら困る。

 

という強迫観念とも思える状態、ここに陥ります。

 

妻バレして、目が覚めましたなんてケースは存在しない訳です。

 

その状態になるのは、不倫を終わらせてから何年も経った後の話です。

 

現に10年近くたっても不倫脳から抜けてない夫も存在します。

 

その指導者がいない限り、抜け出すのも難しいのです。

 

こんな状態の中で、機がが良ければ関係を続けたいと言われた愛人。

 

どんな考えを持つでしょうか?

 

確実、夫と愛人の両者協力の元、水面下に潜っていく訳です。

 

どうやったら、妻バレしないかを協力し合う訳です。

 

夫の心理状態は愛人本人が関係したと決めたとすり替わっていく訳です。

 

どこまで行っても夫の考え方はズルいのです。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login