メニュー

不倫を知っている事を伝えても終らない不倫

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

不倫を知っている事を伝えても終らない不倫

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年04月10日(土)
終わった事になっている、終わった事にしている不倫。
 
実はこのケース本当に多いです。
 
原因は信じたい病なのか?そうした方が楽なのか?もめ事を避けているのか?
  
妻が妊娠をすれば、不倫が終わると信じている方もいます。
 
夫が以前のような態度になったから不倫が終わったと信じている方もいます。
 
帰りが早くなったから、お子様を大事にするようになったから、だから不倫が終わったと信じている方もいます。
 
しかし、実際の所、これらの事、一切不倫が終わった理由になっていないのです。
 
夫の発言により様子を見てしまった方もいます。
 
もう終わりにする、もう終わった事だ、いつまで行ってるんだ!、そんな事をする暇はない、今までごめん。
 
実際の所、この夫のセリフも不倫が終わった事にはなりません。
 
以前、相談者さんからこんな事を言われた事があります。
 
「永松さんに何がわかりますか?私は夫の事を見てきました。」
 
これは、私から、確実に水面下ですよと伝えた際に言われた言葉です。
 
カチーンときてしまったのでしょう。
 
でも実際に水面下でした。
 
水面下か水面下じゃないか?これは相談者さんと話をしていれば分かります。
 
不倫をやめる理由があるかどうか?を見ておりますので。
 
不倫発覚=不倫解決となってしまっている方が非常に多いです。
 
殆どが信じたい病の一種。
 
不倫をしている夫と愛人の時間も進んでおります。
 
止まる事はありません。
 
ハートスペース調べではありますが、一度別れたカップルと言いますか自粛をしているカップルも存在します。
 
だいたい、2週間くらいで連絡取り始め、1か月も経てば、普通に不倫関係に戻ります。
 
これがお別れプレイという状態。
 
お別れプレイは不倫者達に取っては良いスパイスであり、新鮮さを保つために度々起こります。
 
水面下に潜っているかの判断は、普通やめる、この状況なら終わっている、夫を見て入ればわかる、という部分で判断しない事です。 

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login