メニュー

不倫を絶対に認めない夫

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

不倫を絶対に認めない夫

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年04月22日(木)

その裁判!その内容証明!ちょっと待って!!と言ってしまうケースも多いです。

 

ただの慰謝料請求ならまだ良いのですが。

 

夫に不倫疑惑があった、妻もある程度確証を持っている。

 

証拠を揃えている方も多いですね。

 

妻は意を決して、夫を問いただす。

 

最初は夫もすっとぼけますよね?そして逆切れの嵐。

 

 

このようなやり取りを、何ターンも繰り返していく。

 

結局、妻は夫に白状させる事ができなかった。

 

また、妻が愛人に会い、不倫の事を追及した。

 

言い逃れされて、認めさせる事ができなかった。

 

そして捨て台詞のように「次、同じ事があったら訴えますから!」「慰謝料を請求しますから!」と言い残す。

 

気が済まない妻は、法律家から内容証明を送ってもらう。

 

無視されるケースもありますね。

 

そして妻は弁護士に相談をしたら、調停をすすめられた。

 

調停を起こしても、愛人はいっさい認める事がない。

 

証拠も持っていて、探偵からはこの証拠で通用すると言われている。

 

そして妻は裁判を申し立てる事になる。

 

結果として、愛人は最後まで不貞関係を認めないが、判決は不貞あり、慰謝料も認められた。

 

 

 

慰謝料の回収ができたかはこの際おいておいて。

 

注目しなければならないのは、愛人が一切認めないと言う部分なのです。

 

 

裁判では認められましたが、愛人は最後まで認めなかった。

 

正直、この戦いはボロ負けなのです。

 

試合に勝手、勝負に負けたという事なのです。

 

裁判では勝っているので夫の有責性は認められるでしょう。

 

だから、離婚の延命はできたと言う状態です。

 

結局、最終的に妻はないがしたかったのか?

  

当たり前ではありますが、不倫関係は終わっておりません。

  

この状態にまでなってしまい、何かがおかしいと考えハートスペースに来られた。

 

やれることは沢山あったのに、なぜそこに向かってしまったのか。

 

カウンセラーの大きな仕事というのは、妻に暴走させない事、ストップを掛ける事なのです。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login