メニュー

え?サレ妻さんがシタ妻に!?

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

え?サレ妻さんがシタ妻に!?

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年04月26日(月)

所謂、愛人思考になってしまった妻のお話です。

 

残念ながら該当される方多いわけで。

 

意識の部分のお話になります。

 

ハートスペースのカウンセリングスタイルは、ガンガンと行くタイプだと思っております。

 

兎に角、熱いです。

 

オブラートには包む事はなく、ストレートに伝える事を心がけております。

 

カウンセリングをお受けしておりますと、「愛人と一緒にしないでください」と言われる方もいます。

「あんな女と!」と言い放ってしまった方もいます。

 

このゾーンに入ってしまった方、愛人思考の一歩手前と言っても良い状態です。

 

本人は認めたくないとは思います。

 

しかし、汚らわしいと思っていたあの女と同じ状態に陥ってしまっていると言う意味です。

愛されたい、認められたい、大切にされたい、大事にしてほしい、こちらを向いてほしい、などと多くの方が持たれている感情です。

夫から○○をされたいという願望ですね。

 

愛に飢えている、優しさに飢えている状態です。

こんな時に親身になって相談に乗ってくれる、上司、同僚、友達、友達の旦那、気になる人、いらっしゃいますよね?

この関係が男女の関係に発展してしまうには時間はあまり必要ありません。


サレラリ期間中は愛人思考が強めだと思ってください。

 

夫にどんなに尽くしても伝わらない。無反応、どんなに、どんなに。

 

妻は夫の反応に期待も入り混じっておりますので、夫の態度が気になってしまいます。

 

反対に夫が不倫渦中であったとしても、夫が良い反応をした時は天にも昇る気分にもなります。

これが、サレラリ、愛人思考なのです。

一番大事に大切にそして愛されたい相手からそれが叶わないとなると、叶えてくれる異性を探してしまうのです。

そんな時に、夫が悪い、夫もやっている、私は悪くない、食事くらいならいいだろう、LINEに支えられている、会っているだけで楽しい、復讐心がそうさせていると自分自身に許可を出す材料が見つかってしまうものなのです。

また自分の自信が無くなった気持ちや下げられた価値を、価値があるのかと試したくなるのもこの頃です。

 

でも絶対にこのモードには入り込まないで欲しいのです。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login