メニュー

夫の吐く言葉に一喜一憂しない事

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫の吐く言葉に一喜一憂しない事

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年05月03日(月)

夫の逆切れって最初は戦えても、それが続くと、妻は自分自身を責めだしてしまいます。

 

これは間違いなく負の連鎖と言えるでしょう。

 

不倫が発覚、もしくは不倫疑惑があったとしたら、一度は問い詰めた事があると思います。

ここで、夫の逆切れにより撃沈してしまった方も多いというほど良くある流れです。

 

または夫が一切認めない、認めたが開き直ったという状態で暗礁に乗り上げてしまった。

 

という方も多いですね。

ここで、夫が反省する素振りを見せ「相手とは別れる、ごめん」と言ったとしても、別れる可能性は極端に低いです。


水面下へ一直線となる訳です。

 

だからこの直後に様子見に入る事はNGなのです。

同じ不倫問題だとしても、ケースは様々ですので一概には言えませんが、夫から「お前の○○が!」「お前の行動が!」「お前がそこまで言うのなら!」というような、人のせい攻撃。


プライドが高い妻はこの言葉にものすごく反応します。

 

夫が不倫をした原因は自分にあったという方が納得できますし、何とかなると思う。

この言葉を信じないと、あの女に負けた、あのブス女が!とこのモードに入ってしまいます。

愛人に対して、敗北宣言をしたような形になってしまいます。


だから、自分に原因があるというのは、その妻に取ってはとても都合の良い話なのです。

この状態が、夫に取って、とても都合の良い妻なのです。

私が変われば、反省すれば、この問題は終わる。

 

夫が不倫をしたのは私が寂しい想いをさせたからなんだ。

 

と光が差し込んだ気分になる。

 

これを何と言うか?サレラリです。

しかもプライドが高いので、なぜか上から目線になっておりますね。


本気で不倫の解決を目指すのなら、意識改革は絶対に必要です。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login