メニュー

夫から文句を言われるのは不倫発覚後

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫から文句を言われるのは不倫発覚後

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年06月15日(火)

しっかり切り分けてくださいね。

 

夫婦ですから、お互いに不平や不満があって当たりまえです。

  

仕事をしているのなら、家を出て外にいけば、ある程度のイライラや不平不満は解消されます。

 

日常の不平不満なんて、お互いに忘れていってします。

 

結婚生活ですから、プラスだってマイナスだって当たり前にあります。

 

だから、いざその不平不満を夫から言われた時「え?そんな事思ってたの?」となる事も多いです。

 

また、「なんでその時に言ってくれなかったの?」となる事も多いのです。

 

それくらい、日常に埋もれていった不平不満なんです。

 

ただ、それを言われた時、多くの妻はそんな事を言われるとは予想もしておりません。

  

だって、不倫の事を夫に伝えようとしている訳ですから。

 

だから、夫の不倫発覚から、ご自身を責めてしまっている、自分にも悪い所があった、寂しい想いをさせてしまった。

こう感じてしまって、反省を繰り返している妻も増えていってしまうのです。


このモードに入ると不倫の解決は遠のいていきます。

 

だからこそ、切り分けて考えてください。

 

何度もお伝えしておりますが、「なんで浮気、不倫なんて」という一言から始まり、謝罪の言葉でも出てくると思っていた。

 

でも夫からは逆切れや原因はお前にあるとまで言われた。

たしかに思い当たる節がある、それを修正しないと不倫が終わらないと信じてしまう。

 

だって夫の口から出た言葉だから。

 

そして良い妻へ、問い詰めるのをやめる、居心地の良い家庭を作る、愛されたい。

夫を王様と仮定するのなら、こんな理不尽な王国はありません。

 

夫婦なら多少の不満は絶対にあります。

 

ない方がおかしいです。

 

家事をさぼる事もあるでしょう。

夫から発せられる、逆切れ、妻に原因がある、不満だらけの文句。

これらって比較対象の相手がいるからこそ発せられる言葉なのです。

 

また、ただの正当性の主張なのです。

夫自身の罪を軽くするための必殺、妻のせいなのです。

不倫の事を言われたから、原因をそれらしく言っているだけの事。

 

この事も夫はシミュレーションしております。

 

しかしシタ夫も勝手なのです。

 

言った本人がそんな事を忘れてしまいますから。

 

夫が適当に言った事に妻が過敏に反応してしまっているだけです。

妻はその部分にばかりフォーカスします。

妻が妻の手で夫が言った事を真実へと導いてしまっているのです。

こうなると引っ込みがつかないのが夫なのです。

 

もっと発言は過激になっていきます。

 

そして妻はもっと反応する。

 

本当に悪循環なのです。


嘘や適当に言った言葉が、真実に変換されると、真実が消えていきます。
真実に変換されていくとすると

浮気や不倫の原因は妻にはありません。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login