メニュー

夫の不倫を考える時、妄想は少なめに

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫の不倫を考える時、妄想は少なめに

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年07月18日(日)

年間3000件もの相談をお受けしておりますが、レアケースと言えるような相談もあります。

 

不倫の始まりで、夫が愛人の事を気にいってしまい、何度もアプローチをして口説き落としたと言うケース。

 

このケースは思いのほか少ないです。

 

ご相談をお受けしていると、「夫は愛人の事を本気で好きみたいです」と言われる事もあります。

 

気になる、気にいった、だから声を掛けてみた。

 

これは多いにあると思います。

 

でも、本当に好きで好きでしょうがなく、全てを捨てる覚悟で不倫をする夫。

 

このケースって殆ど存在しません。

 

それくらい、不倫のスタートって軽い感じで始まるものなのです。

 

愛人のほうが夫を好きになってしまったという例は良く聞く例です。 

 

不倫をした原因など存在しないのに、原因なんか妻には存在しないのに、答を出さなきゃと妄想してしまう。

実際には「ただ何となく」始まる不倫が殆どなのでcす。

 

これが本当の答なのに夫はそれをいう事ができないのです。

だから妻が不倫の原因をいくら追及しても、解決へは進んでいきません。

夫に「なんで浮気なんかしたの?」と聞いて、その答えに振り回されてしまっているのです。

どんな妻でも、不倫をされる時はされます。


そして夫から、妻に原因があり、家庭に原因があったと言われる。

 

誰だって、サボる日くらいありますよ。

その事と原因をあなたが自分で結びつけてるだけです。

夫の言い訳や逆ギレについて、深く捉えすぎてしまい、何とか納得しようとして妄想の世界に入っていってしまいます。


そして、そこを直せば夫は帰ってくるとまた妄想をしてしまいます。

反省モードにハマった妻の底なし沼感はすごいです。


感謝が足りない、挨拶が足りない、もっと自由を与えなきゃ。

 

そこじゃないんですよ!答があるのは。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login