メニュー

蓋を外すべきタイミング

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

蓋を外すべきタイミング

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年08月07日(土)

夫は不倫をやめたと言っている、帰りも早くなった、休日出勤も無くなった、家族からも妻が悪いと言われた、自分でも思い当たる所がある。

 

ここに迷い込んでしまっている方は多いです。

 

不倫は気持ち悪いし、嫌だけど、自分にも悪い所があった、反省もしている、夫にもその事を言われた。

 

と言う感じでご自身を責めてしまっているのです。

 

この状態に陥り易い状況の方は、始めて不倫が発覚し、終わった事になっていると言う状態になっている方が多いです。

 

と言う事は、水面下の可能性を否める事ができないのです。

 

夫婦修復と夫婦再構築は違うという事はご理解頂いているという上でおかきしております。

 

しかし、夫婦修復と離婚回避は同じような意味なのです。

例の運動から始まる事や、様子見を経たものは全て夫婦修復なのです。

 

兎に角、離婚をしない方法と夫婦を仲良しにすることに特化している訳です。

 

これでは不倫問題は蚊帳の外ですよね。


夫に不倫をされ、その上離婚だ!と言われる。

 

言い渡されるくらいだから、妻の悪い部分、反省する部分、改善する部分がある。

浮気・不倫問題以前にあなたが、反省して、悪い部分を改め、改善をする。

 

そのためには不倫問題には蓋をして下僕のような生活を送る。

足かせや首輪を付けられている訳ではなく、心を鎖でつながれているのです。

 

そして夫を持ち上げて、褒めて、良い妻になる努力をする。

 

これをしないと離婚をされてしまう。

 

ある意味、強迫観念ですよね。

 

このように心に蓋をしてしまうと、実際に楽になるケースは多いです。

でもご自身をいじめて、いじめて、痛めつけているのです。

 

これを愛人思考とも言います。

浮気・不倫問題に蓋をする事がどれだけ悪なのか?愛が無い事なのか?

 

感情を押し殺す事の結果は何が待っているのか?考えてみてください。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login