メニュー

実際にはご自身への両親への相談も・・・

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

実際にはご自身への両親への相談も・・・

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年09月12日(日)

親御さんと言ったら絶対的に味方になってくれる存在ですよね?

 

でもぐちゃぐちゃにしてしまう可能性もはらんでおります。

 

孫の面倒も全部みてやるから、今すぐ離婚して帰ってこいとかね。

 

もうこの時点で親目線ですと、完全に夫排除に入ってしまいます。

 

もちろん、私だったらの話ですので、全ての親御さんに当てはまるとは限りません。

 

でも同じような感覚を持っているんじゃないかなぁと思います。

 

あなたが離婚を考えていなくても、離婚の方向に話を進められてしまう。

 

今度は、あなたが親御さんを説得しなければならない、不思議な関係が出来上がってしまいます。

 

そこからもっと絡まって、親子関係まで崩れてしまう事も考えられますね。

 

何にせよ、不倫問題を解決するという事は余計な登場人物を増やさない事は鉄則です。

 

どうしようもなくなった時はもちろん頼っても良いとは思います。

 

相談するのはその時でも良いのではないでしょうか?

 

 

私が配信している内容は浮気をサレた側とシタ側を被害者と加害者と表現してます。

しかし浮気・不倫問題は夫婦間の問題と愛人問題と最初から登場人物が3人いるのです。

でもいつまでも被害者でいたら、再構築は不可能なわけで。

何を選ぶかはあなた次第ですが、世間から見たら、夫婦はセットなのです。

両親に相談をした場合、思いもよらない答が返ってくる事も当たり前なのです。

辛いと言っても、たかが浮気で片付けられた李、あなたが悪いと言われたり・・・

あなたから取ったら大切なご両親ですが、期待を大きく持ちすぎると抉られる事もあります。

ただ、浮気・不倫問題だけではなく、複数の愛人や借金や暴力があったのなら問題は別です。

親御さんからしたら「帰ってきなさい」の一択になると思います。

ですので言ったところでプラスはありませんから、最初っから言わない方が良いのです。

方向性が決まったら報告する、離婚をしたら伝えるという感じで良いと思います。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login