メニュー

最悪の事態の想定はとても大事です

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

最悪の事態の想定はとても大事です

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年09月23日(木)

これも何度も何度もお伝えしております。

 

明日は我が身かもしれないという事を考えて頂きたいのです。

 

不倫というものは、夫と愛人の感情が入り乱れております。

 

しかし、不倫をしている夫と愛人の思考回路はバレなければOK程度にしか考えておりません。

 

バレたらバレたで、逆切れ、開き直り、その場しのぎの謝罪。

 

だいたいがこの類になっていくというものです。

 

例えば、夫はやりたいだけなのに、愛人が本気になってしまった。

 

ただ、それでもその上でも、関係を何とか継続させようと考えるのが、不倫というものです。

 

水面下率の高さこれが全てを物語ります。

 

不倫の解決という意味を考えた場合、夫をどれだけ追い込めるか?が要になります。

 

愛人ではないですよ。

 

愛人だけを追い込んでも、夫は追い込まれる事はありません。

 

それが、不倫脳・お花畑の世界なのです。

 

夫は不倫をしている時、ある種の自信がみなぎっております。

 

だから、チキンだ!などと決めつけないようにして下さい。

 

とにかく、夫になめられたらダメです。

 

多かれ少なかれ、夫を下に観ている、夫をバカにしている状態の妻は解決まではほど遠くなります。

 

仲間で集って、夫の悪口大会を開催していても解決なんてできる訳がないのです。

  

お花畑や不倫脳という言葉、これは、サレている側から見える夫の姿です。

 

夫は至って真剣ば場合がとても多いです。

 

最悪の事態の想定は、不倫問題を扱っているプロにとっては必須条件です。

浮気・不倫問題の渦中にいる間は、最悪の事態が訪れる可能性はいつでもはらんでおります。


うちの夫に限って、そこまではしないと思います。

 

この考えは、サレラリの一つなのです。

 

サレラリからは早急に脱却しましょう。

愛人に妊娠、出産、性病、別居、離婚、セックスレス、兵糧攻め、家庭内別居、行方不明、自信喪失、暴力、モラハラ。

 

上げればキリがないほどに出てきます。

あなたにとっての最悪の事態は何ですか?

やれる事からやるでは、必ず後手に回ります。

 

やらなければならない事をやる事が正しいのです。

 

しっかり認識し対応策を練りましょう。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login