メニュー

法での解決と不倫問題の解決は違います

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

法での解決と不倫問題の解決は違います

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年10月01日(金)

法律は使うモノですですが、全てを委ねてしまった結果、お粗末な結果になる事も多いです。

 

不倫の解決と言った場合、愛人排除は必須条件になります。

 

愛人が排除できなければ意味がないです。

 

法律での解決を求めた場合、水面下に潜ると言う概念がありません。

 

ですので、再接触の禁止を求めた場合、相手から「会いません」という返事が返ってきたら、終わりなのです。

 

また「慰謝料を払ってください」と伝えて、愛人が支払ってきたらそれで終わりなのです。

 

結局、その後は放置と様子見。

 

なぜ、法律では不倫が解決しないのかが判ると思います。

人間というもの段々と置かれている状況に慣れてしまいます。

あまりにも放置期間が長いと、最初に生まれた大切な感情さえも薄れていってしまうものです。

冷静さは必要ですが、あなたの感情が薄れていくのはいただけません。

そして、気持ちの上で、不倫は悪い事と他人事のようになっていってしまいます。

そうすると、婚姻制度が、貞操義務が、不法行為がと考えが向かってしまいます。


だから「あなたはどうしたいですか?」という問いに答えられなくなっていってしまいます。

浮気・不倫問題を解決するうえで、ハートスペースはなぜ意識改革Ⓡに力をいれるのか?


これはサレ妻さんに張り付いた観念を剥がす事を目的としております。

 

そうしないと、正直な感情が顔を出さないのです。

結婚という制度を利用して正当な訴えや請求をすることは、もちろん権利ですのでどんどん行使すれば良いと思います。

しかし、現実としては、慰謝料請求をしても、内容証明を送っても、誓約書にサインさせても、殆どのケース、水面下に潜っております。

 

また、妻が、慰謝料が支払われた事、誓約書にサインをさえた事により、不倫が終わったと過信してしまっています。

実際には、このような事を経ても不倫が続いてましたと言うケースの方が9:1くらいの割合で多いものです。

問題を解決するには、法律論は必要ありません。

また、依存だから共依存だから、見捨てられ不安だから、ACだから、なんていう診断も分析も必要ないのです。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login