メニュー

実際に愛人のような振る舞いをしている妻

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

実際に愛人のような振る舞いをしている妻

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年10月12日(火)

良い妻、愛され妻、3ない運動、良妻賢母、これらの例の運動をしている方々。

 

ぼりぼり気付いてください。

 

多くの愛人は、妻の存在までは認めております。

 

不倫渦中でありながら、例の運動を行うという事は愛人の存在まで認めているようなものです。

 

当然ですが、そのつもりの人はいないと思います。

 

それこそ、損得勘定も多いにありますね。

 

あなたにとっての損、それが離婚や別居や嫌われる事だとしたら損得勘定も生まれます。

  

なぜ、妻が愛人の立場に立ってしまうのか?愛人化が進んでしまうのか?

 

それはあなたが妻という座に胡坐をかいているからなのです。

結婚しているんだから!という最大の武器を手に入れているからなのです。

でも婚姻という制度を取っ払ったら、全て崩れ去りますよね?


浮気や不倫が始まった頃は、夫は愛人に対して本気で良い男に見せようと頑張ります。

 

それは一時を共にする相手だからなのです。

 

だから頑張れるんです。

 

家庭ではだらしない姿も見せますよね?

これはあなたにも言える事です。


ここで問題になるのは、夫が不倫をしているという事を妻が知っていると言う面なのです。

発覚直後の話ではなく、「夫の不倫はどうやったら終わりますか?」の質問が出た頃です。

そしてNG行動の連発をしている妻、それは心が全く籠ってないからです。

それで気を良くしたご主人は歩み寄りを見せ始めます。

メールをくれる、LINEをくれる、電話をくれる、たまに帰ってくる。

そしてご主人から甘いささやきが、「本当は家族の事を心配している」「体調はだいじょうぶか?」など。

 

決して優しかった夫に戻ったわけではないのです。

そして、妻は私の事を考えてくれていると期待をしてしまう。

ここで愛人のような振る舞いをしてしまっていた事に気付ければ良いのですが・・・

これって幸せでしょうか?

 

本当に、意識改革Ⓡと自分再構築Ⓡが必要ですよ。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login