メニュー

不倫シタ夫のセリフなんて信用しない事

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

不倫シタ夫のセリフなんて信用しない事

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年10月26日(火)

夫の不倫が発覚、そして、問い詰め、話し合いをする。

 

聞きたい事も、知りたい事も沢山あるでしょう。そして、話し合い。

 

妻がした質問に対しての返事でダントツの多いのは、その場しのぎの返答が一番多いです。

  

夫から浮気や不倫の事を告白された、問い詰めたら逆切れされた、その後に逆切れがひどくなるか?反省した態度を見せるか?

あなたは、これで終わる、認めてくれた、、正直に話してくれたなど様々な感情が生まれると思います。

どんな態度で話したにせよあなたの中でこの時のご主人の姿はどのように写りましたか?

反省してる、キレてる、悪いと思ってそう、あきらめた。

どちらかと言うと、良い方向に捉えてしまう妻はとても多いです。

ただそれは大きな間違いです。

夫が不倫の事実をあなたに話した。

 

その時の夫は、正直に全てを話した、オレは正直ものだ。

と自分に酔いまくる瞬間なんです。

だからこそ、逆切れが生まれ、泣く夫もいて、反省している態度の夫もいます。

そしてあなたは、逆切れに屈して、可哀想に見え、反省を受け入れようとしてしまいます。

そこで過去をとつなげるんです。「この人は元々はとても良い人」「理由があったのだろう」「真面目な人だったから」

これが、信じたい病なのです。

そして、サレラリになっていき、自己反省を始めてしまう訳です。

この時に、例の運動に出会えば、大ハマりしていく訳です。

結局、ご主人の事を心のどこかで、ナメているんですよね。

実際は、その不倫、水面下だったり再発していたりする訳です。

あなたの思い込みの中では「こんなに反省して後悔もしている」だから、終わるだろう。

そして、これで終わったと考えてしまう。

それは、期待をしているから、愛されたいから、観念であったり、幸せレベルが低いからなのです。

今日のコラムを読んで、自分自身に、夫に違和感を感じた方はその気持ちを大切にしてください。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login