メニュー

晴天の霹靂から信じたい病まで

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

晴天の霹靂から信じたい病まで

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2021年11月27日(土)

信じたい病はご自身で気づけない場合が本当に多いです。

 

これ悪口とかではなく、不倫に巻き込まれてしまった方は本当に見抜けなくなります。

 

それだけ、夫が不倫?とは考えてもいなかった訳なのです。

 

どんどん知らず知らずのうちに迷い込んでしまう、信じたい病、夫の浮気、不倫が発覚し、バトルもした、離婚の話にもなった、ボロボロになった、でも夫はというと【終わった体】でいます。

でも実際には水面下で愛人と繋がっているものなのです。

 

そんな時に出会った、愛され妻、良い妻、良妻賢母。

実践してみた、すると夫の態度が一変して家族の事をみてくれるようになった。

これが、第一次 信じたい病です。

当の夫は水面下に潜り易くなり、浮気や不倫を楽しんでいる。


でも妻の行動は止まりません。

 

セックスも復活するケースが多いですね。

この状態でも、もちろん浮気・不倫は終わってません。

ただ、奥様がこの状況になると、すでに信じたい病は第二次までいっております。

 

夫は、バレてないとね?これをやっておけば機嫌が良い。

とパターンを見つめてしまっているのです。

 

この信じたい病が第三次 信じたい病まで行ってしまったら末期です。

 

兎に角、お伝えしたいのは、夫の態度の変化、対応の変化、愛?やさしさ?夫がしてくれること

 、夫の言葉使い、セリフ、嬉しい、楽しい、幸せと感じてしまう部分。

 

 

これらでは、不倫が終わった証拠にはならないという事なのです。

 

どうしても例の運動を始めとする愛され妻系、良妻賢母系では夫からしてもらった事で判断しております。

 

極論ではありますが、不倫をされても幸せになれるというのは間違いではありませんが、同時に大切なものを失っていきます。

  

上っ面の変化ではなく、やはり根本的な解決が必要になります。 

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login