メニュー

夫の不倫を許したら、夫は反省しません

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫の不倫を許したら、夫は反省しません

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2022年04月26日(火)

物語なのに、事例と書いている記事。

 

本当に注意してくださいね。

 

どうしても机上の空論感が否めません。

 

あなた自身に問いますが、不安になる、悲しくなる、裏切られてと思う、死にたくなる、やるせなくなる、許せない。

この原因ってどこにありますか??

原因は一つですよね?

その原因によって感情が生まれる訳で、その原因が残っている時から「許せたらどんなに楽か」と考えちゃうと思います。

それを言葉にしてみると、浮気や不倫をしていても許します。

 

妻自身に許可を出す、これは判るのですが、自分自身を許すという事も間違って書いている方が多いですね。

 

だって全部、蓋なんですもの・・・

では、許すとは?自然に許せたのならOK

許そうとして許したでは全く意味が違いますよね?

こうなるまでは、時が経ち、葛藤し、ようやくたどり着くものです。

 

妻にも悪いところが、夫の気持ち、居心地の良い家庭、これも素晴らしい考えでしょうが、浮気や不倫があったのならダメです。

この思考に陥りやすい代表が、夫が浮気や不倫をした原因を探す事に囚われております。

これが、妻の邪魔なプライドなのです。

許そうとして許した気になるってこれが蓋なのです。

実際に不倫が終わってない状態の方が多いですからね。

せっかく許したのに、夫がまた・・・

 

エゴとプライドの合体形です。

今はわからないかもしれませんが、その蓋っていつかは外れますよ。

その時ってどうなっちゃうのでしょう?頑丈な蓋ができれば心は楽になります。

夫も責められる事がなくなるので楽になります。

何の解決にもなってませんよね?

そこに蓋をするのではなく、夫は不倫ができる夫、チャンス次第では、と理解できた人は自分の人生を歩み始めます。

夫婦再構築と同じで、夫の事を許せたかどうか?これは自分では分かりません。

自分自身で「許せた」と感じている人は強烈な蓋がハマっている事でしょう。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login