メニュー

慰謝料請求を法律家に依頼する前に、ちょっと待って!!

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

慰謝料請求を法律家に依頼する前に、ちょっと待って!!

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2022年05月25日(水)

ハートスペースでも方法として慰謝料請求を行う事はあります。

 

それこそ順番を遵守しながらです。

 

慰謝料請求ってあまり効力はないです。

 

回収の方が大事であり、請求額の満額を回収する事に意味があります。

 

法律家を通じ愛人に対して300万の慰謝料請求、愛人も弁護士を立て、やれ求償権だ、やれ共同不法行為だ、相場は、離婚しないのなら、お金がない、支払い能力がない、と即座に減額交渉が始まります。

 

よくあるのが300万の請求で80万から150万の間で落ち着いてしまうという示談。

 

しっかり請求をして、しっかり回収する事が慰謝料請求の基本です。

 

どうしても愛人が不貞行為を認めない、夫も一緒になって認めないでも、証拠はばっちりあるので裁判にした。

 

夫を有責にできたとしてもこれって負けですからね。

 

夫に対しては証拠を突きつけずに認めさせること。


浮気・不倫というもの殆どのケースでの主導権は夫が握っている事が多いです。

この逆のケースも無い訳ではありません。


不倫期間が長期間に及んでいる、別居して愛人と暮らしている、あなたが愛人に一度でも接触した事があるケースで不倫が終わっていない、結婚前からの関係。

これ以外の不倫関係は主導権を夫が握っていると思って間違いありません。

それと、考えなければならないのは、不貞行為の罪ですが、夫や愛人は大きく捉えておりません。

妻一番大きく捉えているのです。

そんな中、愛人の元へ内容証明が届いた、弁護士から連絡が入った場合、真っ先に相談するのは、あなたの夫です。

そんな時の降って湧いた法的処置、夫は愛人のアドバイザーになります。

恋のつり橋理論と同じく距離はグッと近づきます。

また、敵がいるほど結束が固くなるのは人間だれしもです。

ということは?浮気や不倫は終わらないという結果になります。

 

そうすると残念なことにあなたは、今まで以上に愛人へ執着が増し、怒りが増し、「あのブス女が!」となり自分自身を見失っていきます。

慰謝料請求も一つの方法として使いますが、絶対に避けてはいけない事を避けて愛人を攻撃する事。

浮気や不倫は解決しないうえに再構築も不能になります。

ずる賢いタイプのご主人はこの慰謝料請求と同時に、優しくなったり、セックスに誘ってきたり、リップサービスも出たりします。

ここで、あなたは、わかってくれた、愛されているんだ、再生ができるとなってしまいます。

あなたは絶対に現状を見抜けません。

 

という状態の相談も多く寄せられております。

 

カウンセラーや探偵、弁護士の二次被害の面も否めませんが決断し決行したのはあなたです。

そうなる前にあなたへこのメッセージが届く事を願います。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login