メニュー

夫婦再構築?

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫婦再構築?

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2022年06月04日(土)

肩書として、夫婦修復でも夫婦再生でも離婚回避でもよいのですが、離婚にならないことが夫婦再構築のような状態になってます。

 

以前はこの立ち位置が夫婦修復だったのです。

 

ハートスペースが目指すところはソコではないと米山先生が考え作った言葉、それが夫婦再構築なのです。

 

商標登録しておけばよかった・・・

 

住宅の基礎に例えたり、割れたコップに例えたりしましたね。

 

夫婦再構築その大前提は、浮気や不倫を解決して夫婦二人になった状態からです。。

 

不倫の解決を前提としていない、良い妻、愛され妻、良妻賢母、不倫はギフトでは再構築の土台にもなれないのです。

 

不倫が解決したということと、不倫が気にならなくなったというのは全く違います。

 

 

浮気や不倫が発覚した、妻が問い詰めた、夫が辞めるといった、だから夫婦再構築。

 

これもまた間違っております。


殆どの男性は初期の浮気の時点では、ばれたら終わると思っております。

そして、離婚のことなんて一切考えてません。

妻の気を引くために、妻がやさしくしてくれないから不倫をしたという夫。

 

これは1万人に一人くらいの確率です。

浮気や不倫が発覚したまでの浮気や不倫の期間も重要になります。

 

これは妻にも原因があります。

 

浮気や不倫が始まって数か月では、その間は何をやっていたの?ということになってしまいます。

 

妊娠、出産、子育ては関係ないですよ。

 

ただの言い訳です。

その為には、そもそも、妻が夫に対して関心がないと気づくことはできません。

そして少しの変化を発見し必ず確認をする。

やはりこの問題は、早期発見、早期対処が一番簡単に解決ができる問題なのです。

今日言いたいのは、浮気や不倫が発覚した直後にやめます、切ります、終わりにしますという言葉が出たから、夫婦再構築ではないのです。

第一に、あなた自身が浮気や不倫に慣れ始めているから。

浮気・不倫を止めてくれれば良い、ご主人に止めてもらう、これらがその思考の考え方です。

第二に、夫の言動に一喜一憂してしまっている。

どちらも大事で選べないと言われたら、大事にされていると勘違い。

第三に、実はされ妻さんも元々は略奪婚だったというケースです。

問題解決の方法論と意識改革®が必須条件です。

どちらも、継続的なプランニングとカウンセリングが必須になります。
カウンセリングが必要ですよ。

数回のカウンセリングでは問題解決しませんし、意識改革®もできません。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login