メニュー

夫の心理状態

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫の心理状態

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2022年06月05日(日)

正解であり、外れであり、この夫の気持ちというものはどちらでも取れてしまいます。

 

夫も反省して、再構築に進みました、夫も離婚はする気がなかったようです。

 

というような内容を読むと、あこがれてしまうかと思います。

 

これは本当の要注意です。

 

これはあくまでも妻目線です。夫目線とは違います。

 

当然ではありますが妻目線これらを良い状況だと捉えます。

 

実はシタ夫ってびっくりするほどに反省なんてしておりません。

 

反省していたとしても、それは妻が考えている反省とは別物です。

 

次は、夫は離婚までは考えてなかったということですが、妻の多くは、夫が離婚する気がないということは家族が大事、妻が大事と変換していきます。

 

正しくは、面倒くさいから離婚までしなくてもいいじゃん。なのです。

 

または、されらりから覚めた妻なら「お前が言うな」と言えるのですが、これはシタラリ真っただ中の夫から出たセリフです。

 

だから、不倫が本当に終わっているか?これはイコールにはならないわけです。

 

とにかく、夫の言動に一喜一憂しないことです。

 

またこれも多いのですが、男って、男性脳って、今のご主人は、これこそ、策士、策に溺れる状態です。

浮気や不倫をサレた事がきっかけとなり、男性心理や男の気持ち、心理の勉強をしました。


なんでそんなに納得したいのでしょうか?

 

そこに答はないのに。

問題解決に絶対不可欠な原動力が無くなってしまうのです。

不倫に納得する必要なんてないんですよ。

解らないままで、苦しい気持ち、やるせない気持ち、「なんで」という心の叫びだけで十分です。

その気持ちを抑え込んでって事は、蓋をしているのです。

そして、浮気や不倫を脳内から消去して夫の分析を始める。

しかも、ほとんどが的外れなのです。

渦中なのに、心理系に手を出した人は本当にひどい状態です。

気持ちを楽にする事にフォーカスしすぎて、問題の本質がなくなっております。

浮気・不倫問題ってものは気持ちが楽になっても解決しません。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login