メニュー

夫の戯言、実は妻が言わせているケースも

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫の戯言、実は妻が言わせているケースも

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2022年06月12日(日)

「どっちも大事で選べない」「家庭も捨てられない、彼女とも別れられない」こんなセリフを言ってしまうクソ夫いますよね?

 

そして、この夫の頭のなか、妻が何かを決断したとしたら「キミが決断したのなら仕方がない」なんて言い出す始末。

 

本当に上から目線なのです。

 

ここまでの間には「離婚までは考えてない」と言ってみたり。

 

ただ、ここで大事になるのが、妻の意識なのです。

 

離婚は考えてなかったと安堵するのか?何を言ってくれてんだ?コイツは!となれるか?

 

フリーズしてしまったとしても、その後に何を言ってんだ?となれた方は解決に進みやすいです。

 

それ以外の方はやはり、不倫の原因の追究をしてみたり、不倫は夫の問題と言ってみたり、本当の解決と言う名の夢を追い続けます。

 

これが蓋なんですよね。

 

ハートスペースでは不倫問題を発端とする、夫のタイプ、妻のタイプ、愛人のタイプ、そして親御さんのタイプまで言及します。

ある統計学にハートスペースのシタ夫・サレ妻データを落とし込み、本質を導き出したものです。

妻にも愛人にも、「愛してる」と言ってしまうタイプの夫。

セックスは愛人と行為を持った日に妻も求めるという徹底ぶり

ご飯は愛人と食べてきても、「お腹すいたー」と帰ってきます。

本当に厄介です。

 

妻は一発で信じたい病に陥り、夫は自分自身に酔っていきます。

このご主人を持った奥様、かなり、信じたい病が進んでおります。

このご主人こそ、自分自身にしか興味がないのです。

お子様も奥様もただのステータス

ステータスですので飾る事も忘れません。

どんどんこのシタ夫、自分のやっている事に酔っていきます。


奥様のポイントを熟知しており巻き込むのも得意です。

だから、妻はなかなか気づく事が出来ない訳です。

仮に気づいたとしても、一番だから大丈夫、愛人は愛人、となってしまう。

あなたが今のご主人を見て「なんか許しちゃう」「可愛い」「私がいないとダメな人」と思っているとしたら、危険信号です。

ご主人ではなく、あなたのサレラリっぷりがやばいのです。

このタイプのご主人、基本的に不倫はやめません。

離婚と口にしても、離婚をする気がないです。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login