メニュー

ブレーキを掛けているのは自分自身かも

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

ブレーキを掛けているのは自分自身かも

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2022年07月29日(金)

夫の事が信じられない。

 

これが本当の気持ちだとするのなら、それでいいじゃないですか。

 

不倫なんて理解する必要もないのですから。

 
兎に角、今を考えてください。

 

そこに、信じなければ、信じるべき、再構築のためになどという感情は観念です。


観念がはがれると至ってシンプルに物事が考えられますよ。

 

だって夫の事は信じられない訳ですから。

 

そして、信じたいけど信じられないという状態はすでに2つの気持ちが存在している訳です。

 

これがブレーキの正体なのです。

 

だから、しんじられない!と自分自身を責めないでくださいね。

 
だから、このおかしくなってしまった観念を剥がす必要性が出てきます。


意識改革?ですね。

 

ざっくりと言ってしまえば、この観念が張り付く前のあなたを思い出す作業なのです。

 

何も、新しいあなたになりましょう。

 

という事ではありません。

 

元々その部分を持っていたのに、結婚してからの観念、親御さんからの観念、生活していく上での観念。

 

とにかく色々な情報が張り付いております。

 

究極は、嫌なものは嫌、これに限るんですよね。


赤ちゃんが一番の先生ですよ。

 

こんなに正直に生きている存在っていませんよ。

 

そして!!その時にどう感じるか?その時に夫を見てどう感じるか?

 

答えはここにあるんです。

 

何より自分自身が一番したい事を行いますよね?

 

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login