メニュー

不倫の解決へ向けての登場人物は最小限に

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

不倫の解決へ向けての登場人物は最小限に

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2022年08月20日(土)

とにかく、登場人物を増やさないで!

 

不倫をしているのは、夫と愛人。

 

それに巻き込まれたのが妻。

 

この3人だけで話を纏めてしまう方が解決が早いです。

 

義理の両親という存在。

 

今は妻の味方風でも息子が可愛いに決まってます。

 

ご両親の場合はお孫さんの存在が大きくなったりしますよね。

 

だから離婚は思いとどまって欲しいとその部分に関しては味方になります。

 

ただ、探偵の調査を入れるとなった時にその事を相談した。

 

義理の両親は有耶無耶な返事をしている。

 

以前あった事例ですが、その後、中々証拠が撮れない。

 

会っている素振りもなくなった。

 

という事がありました。

 

これはなぜかと言うと、妻が相談をした、義理の母親が、シタ夫に情報を流していたのです。

 

これでは証拠が撮れる訳がありません。

 

これは極端な事例になりますが似通った事が起こっております。

 

また、サレ妻さんの心理。

 

これも大きく影響しますね。

 

サレ妻さんは【自分は悪くない】という事を皆に知って欲しいと考える方もいます。

 

だから、周りの人を巻き込んでしまうんですよね。

 

これも事例であったのですが、夫婦同席のカウンセリングにきたご夫婦。

 

今は不倫関係は清算している状態です。

 

でも、妻は自分は悪くないという事を証明したい。

 

その時出されたA3にプリントアウトされている写真。

 

それは、ハメ取りをしている写真でした。

 

結合部分の写真まで持ってきている始末。

 

正直、気持ちが悪いだけでした。

 

「もうしまってください」

 

というような精一杯。

 

ちょっと話がずれてしまいましたね。

 

他人を信用するな!と言ったら、取りつく島もなくなってしまいますが、妻が思った通りの行動を取ってくれるか?といったらそうでもないのです。

 

夫婦で共通の知人だった場合、夫の事ももちろん大事なのです。

 

だから、その情報を流してしまったりします。

 

もちろん、良かれと思ってやっているのですが・・・

 

このようにあなたが味方だと思っている方々は、夫婦をセットで見ている事も多いのです。

 

とにかく、夫の不倫問題というものは妻だけで解決できる問題です。

 

不安もあるでしょう、心細い事もあるでしょう、間違った事をやってないか?という思いもあるでしょう。

 

だから我々のようなカウンセラーがいるのです。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login