メニュー

不倫の解決って今欲しい言葉を求めないこと

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

不倫の解決って今欲しい言葉を求めないこと

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2022年11月21日(月)

 

不倫がある以上、どれだけ冷静になれるか?

 

これは本当に大事です。
 
夫の不倫が発覚しても冷静でいろ、水面下がわかったけど冷静でいろという事ではありません。
 
「同じ悩みを抱えてるんだ」とネットで知り合った方々。
 
それでも客観視できれば良いです。

 
「サレ妻の味方なんだ」「全部判っているみたい」というような文字情報には注意してください。
 
裏情報をかなり得ている私から言わせるとあーこんな書き方するんだ・・・という感じです。
 
探偵情報はかなり厳しくお伝えしております。
 
もう一度、ご主人の不倫を一回遡って考えてみて下さい。
 
シタ夫の不倫の時系列をどの程度まで把握しますか?
 
ご主人がおかしくなりだした時って覚えてますか?
 
思い出せますか?態度でわかったり、セックスの仕方でわかったり。


休日出勤でわかったりと気になる部分は人それぞれです。


浮気や不倫に対してのショック度合も様々なのです。


発覚の仕方によってもショックの度合は様々です。


相手女性によっても様々なんです。


結局のところ、不倫に対しての認識、感じ方は皆違います。


夫の言い訳の言葉、逆切れの仕方でシンクロしてしまっても別の人格なのです。


サレた方同士の共感は実はこれって、足の引っ張り合いです。
 
もちろん元気とやる気を沢山戴く事もあるでしょう。
 
マニュアルの世界と同じなんですよね。

 

また過ぎた期間で判断できる事ではありません。


旦那さんの時系列を知る事は本当に大事です。


いつから始まったのか?いつからチョッカイを出しているのか?いつ知り合った二人なのか?ここにフォーカスするのならそれは意味があります。

 
叩きたい病からは何も生まれません。
 
愛人を叩いた後に、夫をは、これは無理っていうもの。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login