メニュー

浮気夫につきつける離婚の条件

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

浮気夫につきつける離婚の条件

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2018年08月31日(金)

夫とのこれからは考えられず、でも、現実問題ひとりで子供を守って生きていくのは難しい。
いい条件で離婚できないものか?

 

悪いことしたのは夫なのだから、離婚の条件の中に慰謝料+養育費+今後子供と食べていくに困らない生活費を毎月出してもらうとか。。。

そんなことも、考えちゃいますよね。

 

協議で、この条件を夫が飲めば不可能ではないですよ。
協議離婚は法律関係なく何でもアリです。
二人がそれで納得すれば、どんなに法外な条件であろうとも。

 

もしも、万一こんなラッキーが降りかかったら離婚協議書を作成し公正証書に残しましょう。
でも、ちーっとも現実的な話ではないですよね。
だって、離婚したら夫婦はおしまいだもん。
夫と子供は親子関係があるから、月々の養育費はきちんといただけると信じたいですが、それすらままならない人が多い世の中、別れた女房まで食わしてくれる男気のある・・・いや、甲斐性のある男性が存在するか否か。
目の前で子供っぽい逆ギレを繰り返し、きちんと謝罪もできず、筋も通せないような夫が離婚した途端に大人の男、それ以上の男になれるとは・・到底思えません。

 

【浮気して何の反省もないバカ夫と別れる?別れない?】
「じゃ、我慢しろっていうんですか?」
いえいえ。そうは申しません。
ただ、「今は離婚は無理じゃないの?」とはよく申しますね。

 

何も浮気や不倫を許し、身勝手な夫の言いなりになれと言っているわけじゃなく、あなたがもっともベストな状況になるまで、そこで生活してみたら?という意味ですが。
もちろん、生理的に嫌でたまらないセックスをする必要もないです。
家事や育児をこなしつつ、今まで何となくダラダラ過ごしてしまった時間のやり繰りをし、その時間を自分のために使ってみてはいかがでしょう?

 

きちんと、目標を立てて頑張れば、旦那の働いたお金を使って資格が取れちゃったり、旦那の働いたお金を使ってエステやジムに通えちゃったりもしますよね。
「うちにはそんな余裕ありません!」
という方は、思い切って外に働きに出てみてはいかがでしょう?

 

そこで、長年のブランクを埋めるべく、仕事のカンを鍛えるというのも今後のためのプラスになります。
「子供が小さい!預けられない!」
それなら、在宅の仕事を探してみては?
離婚離婚と簡単に言いますが、働き盛りの男性が失業しまくるご時世です。

 

バツイチ子持ち女が生き残るってことは、相当な覚悟と努力とそれに見合った結果を出していくことが必要です。
じゃないと、子供に可哀想な思いさせちゃいますよね。

 

お父さんがいるときは、たくさんしていた習い事、せっかく上達して面白いと思えるのに離婚して生活が苦しいからやめなくちゃいけない。

 

お父さんがいるときは、お誕生日やクリスマスに貰えていた少し豪華なプレゼント。
それもなくなってしまう・・・。
色んなシュミレーションをしてみて、あなたが一番幸せに楽しく生きられる方法を選択してみてください。

 

今、夫の裏切りを知り、地獄の日々を過ごすあなたですが、それでも、お子さんとの時間が確保され、生活が保障されているのなら、もう、夫を問い詰め喧嘩するために時間を使うのはやめて、自分磨きのために時間を使ってみませんか?
そして、準備ができたらバカ夫とは離婚しましょう。

 

もしかして、自分磨きをしているうちにバカ旦那がバカじゃないカッコイイ旦那になってくれたらそのまま仲良く一緒に居てもいいじゃないですか。

 

あなたが明るく活き活きと生活していれば、つまんない寄り道ですべてを失いかけた夫も徐々に変わっていくかもしれません。

 

あなた自身も、「当たり前」と思って生きてきたことが当たり前ではないのだと自覚してゆくことで、何かが変わっていくかもしれませんよね。

 

浮気・不倫した上に、逆ギレしてごまかそうとするバカ夫ですが・・・
今まで、あなたやお子さんを守り続けてきたのは、紛れもない真実なのですから。
そして、「離婚する気はない」と威張っていますが、裏を返せば家族を守り続けますという宣言ですよね。
その部分には、多大なる感謝をしてもいいのではないですか?

 

そして、あなたが外見も内面も色々な意味で今までよりバージョンアップした時、
何にも変わらない、浮気を繰り返している。なんて夫は捨ててしまいましょう。
素敵になったあなたには、その時のあなたに相応しい人生があるはずです。

 

そして、今抱えるような「迷い」もなくなっているでしょう。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login