メニュー

不倫問題に通じるストーカー的思考。 - 浮気・不倫被害者救済センター

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム

不倫問題に通じるストーカー的思考。

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2019年01月07日(月)

 

不倫の解決。これを考えるときどうしてもたどり着く若しくは想像してしまうのがパワープレイだと思います。

離婚を例にしてお伝えしますと

離婚は経済です。経済的な打撃が少なからずとも発生しやすいです。という事は、離婚はお金なんです。持っていても腐らないお金、いつかは役に立つお金。ここにしっかり意識を集中させる事が離婚と言っても過言ではありません。

以前もお話しましたが、お金は大事ですよ。正直、なんでも買えます。そのお金が無くて困る事は多大。

HSの離婚組の方々は超が付くほどスーパーが付くほどの勝ち組離婚をしていくか?

もちろんではありますが、ご自身で交渉されます。当たり前ですが、交渉を成功させるには相手のアキレス腱とも言えるデメリットを探し出す事は重要です。しかし、それ以上に大事な事があります。これが交渉を成功させる唯一無二の方法。※ブログでは書きません

パワープレイでは心は動きません。※泣き落としではありませんよ。

一時代前に流行り、今は問題にもなっている囲み系。夏頃だったかな弁護士でも業務停止になってしまった事件がありました。法律知識がない中での交渉は公正さに欠けるという内容でした。不貞現場に弁護士も行き、現場を押さえたとかなんとか。あ~あやっちゃった・・・的な感じでした。弁護士でのコレ、弁護士だからという点も否めませんが。これは離婚に応じさせる交渉でしたが不倫を止めさせるとなったらもっとハードルが上がります。囲み系ははっきり言って、目的が慰謝料請求なら良いでしょうが不倫を止めさせる事を考えた場合、成功確率は劇的に低いです。囲みに加わってくれた人に一生面倒みてもらうなんてできませんから。今日の本題は全く違うお話となります。聞けば皆が眉をひそめるストーカーこれは、今のあなたへ何とか気づいて欲しい!!と思って書きます。ストーカー心理などの難しい話は今日は致しません。ストーカーとは、簡単にいうと・相手を好きになり、その相手もまた同じ気持ちだと思う・嫌いな素振りを見せられても、他に要因があると思う・通常嫌な事をされても、愛情の裏返しだと思う・警察沙汰になっても、誰かの口添えがあると思うなどなどとにかく【自分中心の考え方】【自分に都合の良い考え方】【ある意味プラス思考】【相手の迷惑を省みない】【?な程のプラス変換】を行います。被害者がどんな行動を取っても加害者は良い事と捉える。だいたい想像できますよね。【自己都合解釈】です。これはストーカーという名前が付いているからまたは嫌いな人にされるから・気持ち悪い・怖い・逃げるという図式になります。やはりその中で多いのが元○○です。元彼・元彼女・元旦那・元嫁ある程度、濃い付き合いをした2人が成りやすいです。勝手に一方的というのもないわけではないですが断然多いのが上記パターンです。また、仮にこれが好きな人や大切に思っている人に同じ事をされた場合【愛されてる】になったり【大切にされている】と感じてしまう訳です。これって○○ハラスメントと言われる事柄全てに当てはまりますよね。サレている側被害者側の感覚の違いによって被害者にもなりますし愛情表現とも取れてしまう。私の学生時代体罰が当たり前でした。と言っても小中のお話。先生に殴られても親は納得します。でも今は?大問題ですよね。受け手側の感覚でコロコロと変わってしまうのです。モンスターペアレントと呼ばれるものも同じもし、私の子供たちが学校で教師により理不尽な仕打ちを受けた即、その教師の下へ参上します。立派なペアレントですね。そこばっかりは私の外見をフル活用します。やってる私は正しいと思ってやってますが、やられてる教師はペアレントがやってきた。となる訳です。

今あなたが相談している相手。この不倫問題についてどう思い、どう感じているか?それは判りません。また、夫から同じ人間が話を聞いた場合どのように感じるでしょうか?残念ながら、自分が巻き込まれていない不倫問題に対して世の中は驚くほどに寛容であり、興味がありません。不倫をシタ側が100%悪いという方も極少数です。お伝えしたい事は他人の意見ではなく、あなたがどうしたいか?ここを十分に追及しましょう。という事です。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login