メニュー

夫に「不倫の事を知っている」と伝える意味

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫に「不倫の事を知っている」と伝える意味

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2019年05月31日(金)

不倫が発覚して、

 

夫に何かを伝えた

 

夫に何かを匂わせる発言をした

 

知っていると伝えた

 

『何か隠していることない?』と探ってみた

 

という行動。

 

これは多くの方が取っております。

 

当たり前ですよね?

 

これが間違っているとは言いません。

 

ただその後に放置をしている方が多い。

 

【妻バレしたら止める】

 

という期待感からでしょうか?

 

様子見をするためでしょうか?

 

この行動、初期も初期ならそれで終わる事もあります。

 

ただ、初期の時期を脱してしまっている場合

 

多くの場合、と言うか殆どが水面下へ突入です。

 

稀にあるセリフが

『パイプカットしてよ!』

と言うかこれは公認ですね。

そうではなく

ほぼ水面下に潜らせるセリフは

『あなたが浮気をしている事を知ってます』

と伝える事です。

 

先程もお伝えした通り

伝える事がNGと言っている訳ではありません。

 

その後の放置です。

伝えて終わり。

そこで終わりにしてしまっているのだから

全く終わる気配がない。

だったり

必死に隠してます。

だったり。。。

 

これってある意味、当たり前の状況です。

その状況で相談に来られる方多いです。

私からの返事はほぼ同じ

「なんでそんな事言っちゃったの!!

その後は?」

となる訳です。

反対に伝える事ができない人

これも多い。

なぜ伝える事ができなかったのか?

その理由の殆どが

【放置によりタイミングを失った】

です。

この放置は

・既に知っていた

・黙っている期間が長すぎた

・そもそも感情がない

・別の意味での責任は果たして貰ってる


だったり

決して

【言いたい事が言えないから言わない】

のではありません。

このケースは非常に少ない。

【離婚されたら困る】

【失う恐怖】


これも少ないですね。

何も言っていないのなら

そして

初めて気づいたのならですよ。

この【失う恐怖】に支配されている方は

・一度はやり合っていたり

・不倫を黙認していたことにより
夫がエスカレートしているケース


が殆どです。

一度はやり合った事、それが

妻の満足に繋がっていたり・・・

やり合ったという表現だと
限定されすぎちゃいますね。

【知っていると伝えた】

これも十分、やり合った事に含まれます。

伝えた事により

【不倫が終わる事はありません】

不倫とは言えない状態
だったら目はあるかも。

一種の抑止効果ですね。

しかし

気持ちが入った

身体の関係を数回持った


ここまでの状態になった場合

伝えた事により

【不倫が終わる事はありません】

結論は

【夫に伝えるか否か】

に捉われている限りは
問題解決はありえないという事です。

本気で問題解決をして
自分再構築から夫婦再構築


これを成し得たいのなら

【夫に何も言わずにご相談を】

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login