メニュー

心理系のカウンセリングでは不倫の解決は望めない

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

心理系のカウンセリングでは不倫の解決は望めない

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2019年07月24日(水)

①浮気・不倫問題の解決を目指すか?

②とにかく心を楽にしたい、楽になりたいを目指すか?

③夫婦再構築を目指すか?

それでは解説をしていきます。

②を選択された方は

心理系のカウンセリング

自己啓発系のカウンセリング

※NLPなど

不倫はギフトに傾倒しても

どれを選択してもOKです。


ただし、①と③に進むことは先ず不可能となります。

反対に

①だけを目標としてゴールとして動き出したら
③へ進む事はこれもまた厳しくなります。

①を目標にして、順番をしっかり守り
しっかりときっちりとご自身の手で行う事ができれば
②は伴って付いてきます。

ただし、法解決(弁護士の介入や内容証明送付)を行ってしまった場合は
②が伴ってくる事は難しい事となります。


と言っても、浮気・不倫問題は法では解決できないですが・・・

 

法を使うという事は主に、慰謝料請求です。

 

慰謝料請求をしただけで不倫が終わる事も珍しいですよ。

心理系のカウンセリングは

必ず理由を見つけ、探し、そしてこじ付けます。

それでないと、心理系のカウンセリングは成り立ちません。

 

こうなってしまった原因を探すというと判り易いでしょうか?

やはり心理系のカウンセリングや心療内科などに通った場合のデメリット

それは病気にされてしまうという点でしょうか?

何かしら診断されますので。

 

おそらく先生方も当てはめているだけだと思います。

その上で、その診断やカウンセラーに言われた事に対して

納得してしまう方も多いのが現実です。

アメブロにもその類がとても多いです。

記事だけ読んで『納得できました!』と言ってしまう

はっきり言いまして、文字で伝える事は限界があります。

 

今日の表題にしても、全て細かく伝えるためには一冊の本ができてしまうほど。

私のブログもそうですが、書いている内容とその方その方の理解

ここが乖離してしまう場合も多いです。

HSに限るかもしれませんが、ブログで書いている事って

本当にほんの一部の事しか書いてません。

これは以前お話ししましたね。

私の文章力、語彙力の問題かもしれませんが

やはり文字だけで伝えるには限界が多い。

 

だからメールカウンセリングができないのです。

 

間違った解釈を直していくだけで何往復しなければならないのか・・・


なんです。

だから

不倫で傷ついたら○○マニュアルを

 

シタ夫の反省を促すには□□マニュアルを

どれだけの価値があるのでしょうか?

としか思えません。

マニュアルによって心が楽になった

 

マニュアルによって不倫が解決した

マニュアルによって夫も気づき反省した

マニュアルによって妻が楽になった


でも・・・蓋を開けたら

【水面下】

これでは無意味だと思いませんか?

 

何万円もする、情報商材

 

それだけの価値がありますかね?

 

お試し相談を一回受けて頂いた方がよっぽど価値があると思います。

話を戻します。

①の順番を間違えず、しっかりきっちり行う事ができれば

自ずと②が付いてきます。


これは精神科医のお墨付きです。

妻の心の傷の原因が浮気・不倫問題である

心の傷の原因も理由もここまではっきりしている問題

そうそうありませんよ。


※米山先生がいつも言っております。

だから目標と進む道、狙いは一つなんです。

※DVやモラハラが絡んでいる場合は除きます。

話が少し飛びますが

・首も絞められ、はたかれる程度ではなくボコボコにされるようなDV

・このDVが日常的に起こっている


このケースは誰が何と言おうと、即離婚とアドバイスします。

脳の構造自体が違いますので

数年前にTVでやっていたドラマ

『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』

これぞモラハラ夫と言う教科書通りの夫が登場します。

周りを巻き込み妻を悪者に仕立て上げる。

我が子を妻から連れ去る

自分がモラハラをしながら、相手にされたように仕向け、証拠を取る


モラハラ、DV系のあるある話です。

HSでサポートを受けている方なら、〇〇夫と判ると思います。

 

 

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login