メニュー

不倫の解決に置いて注視すべきは愛人ではないですよ

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

不倫の解決に置いて注視すべきは愛人ではないですよ

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2019年10月11日(金)

一方通行な考え方では不倫問題の解決はできません。

 

それでは一方通行な考え方や方法論とは何ですか?

という事なのですが、それはずばり

・引き寄せの法則

・夫に愛される方法

・コミュニケーションの向上

・良い妻運動

 

・愛され妻運動

 

・良妻賢母

などなど


なぜこれらが一方通行なのか?

 

夫の事はおろか、夫の不倫の事も見ないようにする方法だから

妻が一方的に夫に向ける方法論だからです。

【妻が変われば良い】

 

このような方法論です。

これが、不倫問題が関係なく

 

夫婦の改善

 

夫婦関係の見直し

 

を考えての行動なら良いと思います。

浮気・不倫問題に無理やりにでも当てはめようとするからNGなのです。

 

不倫が発覚して、夫が変わってしまったと訴える妻も多いです。

この変わった要因として【妻】は関係ありません。

この要因は

不倫、そして愛人の存在です。

当たり前の話ですよね。

だからこそ、この部分を無視してはいけない

【蓋】をしたらダメですよ。

 

と常々お伝えしている訳です。

ここで絶対に行ってはダメな思考

 

愛人の事を考える

 

愛人の気持ちを考えてみる

また

愛人の事を考えなさい

これもあり得ない話ですね。

妻の中で対愛人となった時点で問題解決は遠のいていきます。

当然ではありますが、夫の裏には

 

愛人の存在

 

これは間違いなくあります。

 

影響も相当あります。

この部分には蓋をする事のないように。

あなた自身、愛人が何を考え、何をしたいのか?何をしようとしているのか?

 

これは想像の範疇を超える事はありません。

 

聞く訳にもいきませんし、聞いた所で本当の事を引き出す事もできない。

愛人の事は何もわからないのです。

 

だからこそ、その愛人が何を考えているかなんて事は無視して

【妻が愛人に対してなんでもできる】


と感じて思って方が良いです。

 

だから、不倫の解決へ進んでいける。

 

要は、愛人の事を知る必要もないですし、理解する必要もない

という事です。

 

だからこそ、なんでもできるのです。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login