メニュー

不倫・不貞の証拠は何のためのもの?

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

不倫・不貞の証拠は何のためのもの?

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2019年10月17日(木)

昨日は自分軸と言う名の他人軸についてお話しました。

昨日の記事でムカッとした方は、まだまだ望みがありますよ。

 

それでは本題へ

竹原さんのインタビューの内容から

『自分の丈夫な身体に過信していたやはり定期的な検査は必要』

これを不倫問題に当てはめてみますと

 

夫の不倫に関して

『全く気付いてませんでした』

と言う方と

『何かおかしいなと感じてました』

と言う方

『全部わかってました』

大きく分けるとこの3つ。

これは、夫の事をどれだけ見ていたかに比例します。

と言うか

【夫に興味、関心を持っていたか?】


という事なのです。

夫に興味と感心を持っていれば、多くの場合

愛人との仲が深まる前に止められます。

どんな不倫だっていきなり始まったりはしません。

必ず、駆け引きがあったり、誘い誘われというのがあるものです。

 

ただ、夫が何等かの興味を示した時から

夫は何等かの変化をみせてくるものです。

この状態を見抜く事ができれば

当然、不倫関係になる前に止められる事も多い。

これが、竹原さんの台詞の

『自分の丈夫な身体に過信していた。やはり定期的な検査は必要』
これと繋がるのです。

 

残念ながら、このコラムにたどり着いたという事は既に巻き込まれている証拠。
だからこそ、今の夫から目を離さないようにしないといけません。

 

また

不倫を解決した後の事


これも考えていかなければならない。

解決したのなら同じ問題に巻き込まれないようにです。

一つだけ分かった事があります。

【夫は不倫をできる男だという事】

という事。

竹原さんはこんな事も言ってました。

『もっと良い保険に入ってればよかった』

 

これは良い相談先に当たる事に当てはまりますね。

夫が強硬手段に出た時の対処にも関わりがあります。
ご自身の中に揺るぎないモノを持っているか?これが必要になります。

これが

【不倫の証拠】

です。

ハートスペースではお守りや裁判の為に証拠を!

という考えはありません。

しかし

結果的に持っていて良かった

となる事も多いです。

証拠は離婚の為のものでもないですし

慰謝料請求のものでもない。
全ては

【あなた自身の為のもの】

なのです。

これが良い保険という意味に繋がります。

不倫問題を解決した暁には

【自分軸】

これを追及しても良いでしょう。

不倫が解決したか?残っているか?

この差は本当に大きいです。

【周りの仲間が○○と言っているから】

ではなく

あなた自身の手で不倫を解決していきましょう!

 

 

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login