メニュー

夫は不倫ができる夫だという事を忘れずに

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫は不倫ができる夫だという事を忘れずに

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2019年11月09日(土)

不倫を一度でもした夫は復活の機会をうかがっている

 

と言っても良いと思います。

【元気を失っていた夫が元気になる】

という事ではありませんので誤解釈禁止です。

おわよくばあの子と

 

そろそろいいかな?

 

息が詰まってきた遊びたい

 

バレなければいいかな?

というような感情の事です。

多くの元シタ夫にも多いと思いますよ。

妻の様子を伺いながら、ジワジワとバレないように・・・

 

どうしても断れないという理由で行った

 

飲み会

 

同窓会

 

何かの集まり

行きたくはないけど断れないから

我慢していたから、そろそろいいだろう

仕事なんだからしょうがない

接待なんだから行かない訳にはいかない


とさも外せない、オレがいないと成り立たないという理由を使ってきます。

さも正当性があるように見せかけてジワジワと・・・

仕事を理由にして遊びだす説明としてあるのが

・このままだと給与も下がる

・ボーナスの査定にも響く

・出世の妨げになる

など、生活が圧迫されるような理由を作る。

 

巧みに人をだますキツネのような感じですね。

 

しかし、当然妻もそこには不信感を持ちます。

違和感も感じるでしょう。

でもここで、それを止めるような事を言ったら

夫が怒ってしまうのではないか?

良い妻ではなくなってしまうのではないか?

 

という理由を付けてしまう。

もしこの時に【ぶれない妻】ならば

 

『そんな事は理由にならない』

 

と一蹴するでしょう。

 

直接的に不倫に直結しないとしても

その原因となる大きな可能性をはらんでいるのです。

 

ここで妻が許可を出すか?NOと言うか?

とても大きな今後を左右する分岐点となります。

 

相談をお受けしていると、

「飲み会に行かせてもいいでしょうか?」

「同窓会に行かせてもいいでしょうか?」

という事を聞かれる事があります。

 

答えは一つ

 

「生かせる必要ないでしょ?」

 

だけなのです。

ここで妻がもっと自分を持ち

強くなり

自分を再構築し

意識改革


これを会得していれば

 

『嫌な事は嫌』

 

『ダメな事はダメ』

 

と伝える事ができていたはずなのです。

ただ夫も策士です。

やり込められてしまった妻も多いです。


夫も必死ですからね。

 

違和感を持った妻が何か疑ったような事を夫に言ってみた。

すると

『仕事がクビになってもいいの?』

 

『お前はオレが出世するのを良く思ってないんだ』

 

『友達まで奪って何がしたいの?』

説得とはまた違う、正当性の主張が始まります。

妻に口を挟ませず、延々と正当性の主張。

畳みかけがすごい!と感じるくらい。

 

これは妻が「わかった」よいうまで続けられます。

妻を悪者にさせてから、思考力を奪い、延々と刷り込む

 

これは有名な洗脳の方法なのです。

洗脳はハートスペースでも永遠のテーマ。

どちらから妻から夫、夫から妻

どちらからともなく洗脳していく。

この洗脳力には我々も太刀打ちできません。

この時に我々の言葉が耳に入った方

結果が全く違ってきます。

洗脳に関して自分自身で理解ができるようになります。

根比べのようなものですね。

しっかり夫の

【夫の真の姿】

【夫の真の目的】


または

【隠し続けている事】


これを見抜けるか?は今後の人生を左右させます。

再確認!

【夫は不倫ができる夫】

 

です。

 

【不倫をした夫の復活】

これは不倫ができる夫に戻るという事。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login