メニュー

法的手段を考えている方へ

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

法的手段を考えている方へ

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2019年11月30日(土)

不倫脳、お花畑と不倫者達を揶揄しますが

これもまた、おかしなことで

いくら不倫とは言え気持ちを持っていかれた時点で本気な訳です。

夫は夫で

 

「この女とヤリたい」

 

と本気で思っている訳です。

不倫だからダメ!夫婦だから良し!

これはあくまでも法律上と倫理観の話。

少し思い出してみてください。

あなたがご主人と知り合った時、結婚を決めた時

どのように気持ちが移っていきましたか?

しかし、その時に今の夫に彼女がいたり、不倫関係だった方もいますよね?

何が正しいのか?何が悪い事なのか?

個々を考えだしてしまった時点で解決は遅れていきます。

不倫をしていた夫が帰ってきた帰還したとしましょう。

この理由って把握できてますか?

妻の理想としては

【家族の大切さ】

【妻の大事さ】

【家族を愛してる】

【妻を愛してる】


これに気付いたから思い出したから帰ってきた

というのが理想だとは思います。

でも本当の理由は?と言ったら・・・

な事も多いです。

の場合が多いのも事実です。
この・・・な理由。

 

法的手段に訴えた時に多いケースです。

なぜこうなるか?

その動機にこそヒントがあります。

純粋に不倫問題ではなく

【夫婦問題を何とかしたい!】

と思った場合。

法律の方面には手を出さないと思います。

そうではなく

【痛い目に!】

【現実を知らせてやる!】

【ナメられてたまるか!】

【妻のプライドを持って!】


【金で痛い目に!】

その方法として法律家をクッションに入れる。

この戦いは、しっかりした証拠さえ持っていれば

確実に負けない戦いです。

反対に愛人も

証拠によっては負ける

負けて当たり前


とも認識しております。

そんな愛人に対してのこの方法

愛人に対して衝撃を与えられると思いますか?

 

もちろん小さな衝撃は与えられると思いますが・・・

100メートル競走

あなたが現役のアスリートだとしましょう。

愛人は運動などしていない

負けた方が100万円はらう競争をするとします。

 

この勝負は逃げる事ができない。

あなたが勝つのは当たり前ですよね?

愛人はこの100万円を払わなければならない前提の勝負。


悔しいというより、諦めと当たり前と思いますよね?

この支払う100万円

レースの主催者が可哀想と思って、愛人に100万円用意したとしたら?

 

愛人は主催者に感謝しますよね。

このレースが終わった次の日から普通の生活に戻る


レースを裁判や慰謝料請求

主催者を夫


に置き換えた場合、判り易くないですか?

また愛人がこのレースが行われると判った日から

必死に練習してスキルアップしたとしましょう。

 

また魔法の薬を手に入れるかもしれません。

 

このレースが接戦になる可能性だってあるのです。

また

主催者があなたを陥れるマネをするかもしれません。

怖いですよね?

 

これが裁判というものなのです。

今、安易にこれしか無いと思い

法的手段に出る事を考えている方

深呼吸して落ち着いてください。

 

まだ間に合います。

 

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login