メニュー

夫との話し合いの際、証拠の突き付けはNGです

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

夫との話し合いの際、証拠の突き付けはNGです

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2019年12月08日(日)

ハートスペースでは常々

【証拠の必要性】

をお伝えしております。

どこにも、どの記事にもコラムにも

 

「証拠を突き付けろ!」

 

とは書いておりません。

やはり

 

失敗するケースが多いからなのです。

と言いますか

妻であるあなた自身が夫に証拠を突き付けた後に

【信じたい病】

 

に陥りやすくなり、抜いた刀を鞘に納めてしまうから。

 

様子見に入ってしまうという状態ですね。

です。

証拠を突き付けた行動よりも

証拠を突き付けた後の妻の行動

この意味合いの方が断然大きいです。

突きつけた後の行動、これも間違いなくできれば問題ありません。

しかし

指導なくできる方は殆どいません。

殆どの方が信じたい病に陥ります。


だから止めた方が良いですよとお伝えしている訳です。、

ハートスペースが常々言っている

証拠の重要性

証拠の必要性


これは突き付ける為のもの、認めさせる為のものではありません。

だからこのケースも多い

【証拠を突き付けても認めませんでした】

これは勘違いそのものです。

不倫を認めさせる為に証拠を突き付ける

この意識からは早々と脱却した方が良いです。

多くの不倫問題を専門としたカウンセラーも

ここに陥っているケースが多いです。

突きつけて認めさせて、その後どうしますか?

その後もあなた自身が保てるのなら

突きつける事を止めはしません。

 

ただ、殆どの方がその後はNOプランの方ばかりです。

 

夫の逆切れ

 

夫の戯言

 

不倫をした原因の話

 

これをされて、信じたい病に陥る事は致命傷です。

それと話は変わりますが

離婚をした事もないのに離婚の話をする

再構築をした事もないのに夫婦再構築を語る

 

自慰行為とも呼べる方法ばかり押し付ける輩

一体全体、これって何?

 

といつも疑問に思っております。

 

相談をするのなら、経験値はとても重要です。

 

多くの事例を知っていて、解決へ導いた実績

これが重要だと思います。

 

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login