メニュー

不倫をされた辛さを夫に伝えてみる

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

不倫をされた辛さを夫に伝えてみる

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2019年12月15日(日)

とある相談先では

『話し合いは絶対にNGです』

あるところでは

『気持ちを伝えよう』

と書いてある


あるところでは

『話し合いをしないとダメ』

と書かれていた


どれを信じたら良いのか?

と途方に暮れてしまいますよね?

 

実は

 

どれも間違いではないのです。

 

その時、その不倫の状態、夫の状態によって変わっていきます。

 

でもいつかは、話し合いは必要ですよ。

後はタイミングの問題でしょうか。

【現在、不倫の事を探っている時】

【探偵へ依頼している時】


この期間はできれば妻も良い妻になっていた方が良い。

 

話し合いや問い詰めは絶対にNG。

これは判りますよね?

この時点での最大の目的は

確実な証拠を手にする事ですから。

探偵を入れているのなら、大きなお金も動いている。

それもありますが、目的をしっかり明確にする事です。

 

その後証拠も手にして、いざ問題解決へ動き出す時

この時は

 

話し合いをしなければならない時

 

となります。

ここでの叩きたい病は危険です。

ブス女を叩け!

おそらくあなたがドツボにハマります。

あなたが再構築する相手は誰ですか?

 

【夫】

 

ですよね?

だから

【夫との話し合い】

これが必須になる訳です。

【愛人排除後】

※直後はNGとなりますが

この時は

【不倫をされてどれだけ辛かったか】

これを伝える事も良いと思います。

 

ようやく夫も理解できるでしょう。

間違っても

不倫が続いている時

 

現在渦中

水面下が濃厚

 

水面下である

この時に

『不倫をされて辛かった』

『不倫によってどれだけ悲しい思いをしたか』

『とても傷ついている』

 

これらを伝える事はNG行為となります。

こんな事が書いてあるのも読んだ事があるかもしれません。

妻の気持ちを夫に伝えて、不倫を止めてもらう

この矛盾は夫に伝わりますよ。

4W1H

 

これは不倫を解決する上でもとても重要になります。

 

今、どの位置にあなた自身がいるのか?

 

これも重要になってきます。

 

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login