メニュー

愛人が悪の根源である

お問い合わせ電話番号045-813-0707

  • ご予約・お申し込み
  • 浮気・不倫問題解決 スピード診断

コラム|浮気・不倫被害者救済センター

愛人が悪の根源である

カテゴリ: 浮気・不倫問題の解決へ向けて 公開日:2019年12月20日(金)

カウンセリングの時にする質問

【相手(愛人)ならどう思うか?】

という質問を良くお出しします。

これはなぜか?

【愛人が悪の根源である】

この思考になってしまっている方が非常に多いから。

本当に多いです。

『あの女は夫のお金が目当てなのです』

だったり

『あの女から誘ったみたいです』

だったり

『過去にも他の人と不倫していたみたいです。あの女!』

だったり

どうしても置き忘れてしまうのが

【夫の事をそんなに理解してますか?】

という点。

上記に書いた

【愛人が悪の根源である】

ここまで愛人を悪とできると言う事は

・夫の事は信用している

・夫の事でわからない事はない

これが

【信じたい病】

という正体なのですが・・・

 

はっきりとお話しますと

そこまで夫の事を理解できているのなら

そもそも、不倫問題にまで発展しません。

不倫関係になる前に妻が気づきますから。

 

なぜって?

会ったのは今日が初めてで
今まで会った事もない。
勿論、メールもLINEもした事がない。
この瞬間から不倫関係になりました。


こんな関係は存在しませんよ。

必ず、そうなる前までにやり取りがある物です。

夫の様子としては

メールやLINEでやり取りして

夫がウキウキしている

突如として不機嫌になる。


このような兆候は出ているはずなのです。

その事に妻が

【気づく事が無かったのか?】

【蓋をハメてしまったのか?】

【夫をナメていたのか?】

 

どんな理由でも同じ事です。

【止める事ができなかった】

これが全てなのです。

だからハートスペースでは

自分を見直す作業、意識改革、自分再構築、自分改革は勿論ですが

【夫を見直す・確認する】


この作業にも重きを置きます。

どの相談者様も一度は愛人に意識が向いてしまう事があります。

 

でもこれは間違いだった!

 

向けるべきは夫だ!

ここに気付けた方は一気にスピードが上がります。

Copyright©浮気・不倫被害者 救済センターAll Rights Reserved. login